北朝鮮はロシアによるウクライナ領土の併合を支持している

北朝鮮は火曜日、ロシアによる自国の軍隊が占領しているウクライナ領土の併合への支持を表明し、米国とその同盟国が国連でモスクワに対して取った措置を非難した。

• 以下もお読みください。 北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本は撤退

先週、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、モスクワがウクライナの 4 つの地域を併合したと発表した。この地域では、クレムリンが組織した住民投票が、ロシア軍によって占領された土地で行われた。

米国と他の西側諸国は、銃を突きつけて行われた国民投票を偽物と呼び、併合を決して認めないと誓った.

しかし、北朝鮮のチョ・チョルス・スー外相は、国民投票は完全に合法であり、「人民平等の原則を確立する国連憲章に従っている」と擁護した.

北朝鮮はロシアの同盟国です。

KCNAによると、ジョー氏は声明で「有権者の圧倒的多数がロシアとの統合を支持した。

金曜日、ロシアは、その併合を非難することを目的とした国連安全保障理事会への米国の提案に拒否権を行使した.

ロシアは拒否権を支持しなかったが、中国とインドは棄権した。 ジョー氏は、米国は独立国の内政に干渉し、国連安保理を「悪用」すると述べた。

北朝鮮の大臣は、「米国が安全保障理事会を盾として利用し、覇権を維持するための侵略の道具として利用できる日は二度と戻らないだろう」と述べた。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です