十分な量を摂取した場合の、チョコレートやリンゴなどの B 型プロシアニジンを多く含む食品のいくつかの健康上の利点

カテキン オリゴマーで構成される B 型プロシアニジンは、ココア、リンゴ、ブドウの種、赤ワインなどの食品に豊富に含まれるポリフェノールの一種です。 いくつかの研究では、心血管疾患や脳卒中のリスクを軽減する上で、これらの微量栄養素の利点が実証されています.

B型プロシアニジンは、高血圧、脂質異常症、耐糖能異常の制御にも成功しています。 研究は、中枢神経系 (CNS) への貢献の生理学的利点、すなわち認知機能の改善を示しています。 これらの生理学的変化は、ホルミシス パターンに従います。これは、物質の最大の利益が中程度の用量で得られ、より低い用量およびより高い用量で徐々に減少する現象です。

ほとんどの生理活性化合物の用量反応関係は単調なパターンに従い、用量が多いほど効果が強くなります。 ただし、いくつかの例外的なケースでは、U 字型の用量反応曲線が観察されます。 この U 字型の曲線はホルミシスを意味します。ホルミシスとは、低用量の一般的に有害な化合物が、高用量に対する身体の抵抗を生み出す適応反応です。

これは、低レベルの有害な引き金にさらされると、ストレス耐性シグナル伝達経路の活性化が誘発され、修復と再生の能力が高まることを意味します。 B型プロシアニジンの場合、いくつかのin vitro研究でホルメティック効果が確認されていますが、これらの結果はin vivoで検証されていません.

この知識のギャップを埋めるために、日本の芝浦工業大学 (SIT) の研究者は、生物科学工学科の大阪部直美教授が率い、プロシアニジン B 型摂取に対するホルメティック反応を支持する介入研究のデータを調べました。

工学研究科 (SIT) の伏見大樹と藤井康之を含むチームは、ホルメティック B 型プロシアニジン応答と受容体活性化との間の関連性を理解するために、in vivo 実験も行いました.CNS -神経伝達物質. あなたの記事が掲載されました 栄養制限.

研究者らは、最適用量のココアフラバノールを1回経口投与すると、ラットの血圧と心拍数が一過性に上昇することを発見しました。 しかし、投与量を増減しても血行動態は変化しませんでした。 B 型プロシアニジン モノマーおよびさまざまなオリゴマーの投与は、同様の結果を生成しました。 大阪部教授によると、「これらの結果は、プロシアニジンB型が豊富な食品を1回摂取した後の介入研究の結果と一致しており、ポリフェノールのU字型用量反応理論、またはホルミシスを支持しています. »

B型プロシアニジンによって誘発される血行動態の変化に交感神経系(SNS)が関与しているかどうかを観察するために、研究チームはアドレナリン遮断薬をラットに投与しました。 これにより、ココアフラバノールの最適な用量によって引き起こされる心拍数の一時的な増加が首尾よく減少しました.

別のタイプの遮断薬である a1 遮断薬は、血圧の一時的な上昇を止めました。 これは、アドレナリン遮断薬の作用を制御する SNS が、B 型プロシアニジンの単回経口投与によって誘発される血行動態および代謝変化の原因であることを示唆しています。

次に、研究者は、高用量ではなく最適な用量が、熱発生および代謝反応の原因である理由を特定しました。 彼らは、高用量のココア フラバノールとヨヒンビン (α2 遮断薬) を同時に投与したところ、試験動物の血圧が一時的ではあるが有意に上昇したことに気付きました。 B型プロシアニジンオリゴマーおよびヨヒンビンを用いて同様の観察がなされた。

大坂部教授は次のように述べています。 したがって、SNSの不活性化は、高用量のB型プロシアニジンによって誘発される可能性があります。」

以前の研究では、ホルメティック ストレス関連反応の制御における腸脳軸の役割が実証されています。 最適なストレスによる視床下部-下垂体-副腎 (HPA) 軸の活性化は、記憶、認知、およびストレス耐性に強力な影響を与えます。 この記事では、プロシアニジン B 型の単回投与後に HPA 活性化がどのように発生するかを強調し、プロシアニジン B 型の経口投与による刺激が哺乳類のストレッサーとなり、SNS の活性化を引き起こす可能性があることを示唆しています。

ホルミシスとその引き金となる生化学的経路は、さまざまな病気や老化プロセスに対する保護を提供し、全体的な健康を改善し、将来のストレスに対する回復力を高めます. B 型プロシアニジンと CNS との正確な関係はまだ解明されていませんが、B 型プロシアニジンを多く含む食品の健康上の利点は議論の余地がありません。


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です