危機に瀕したレバノンでは、銀行に代わる送金会社として

ベイルート:ビザカード、外貨両替、ウェディングリスト:レバノンでは、かつて銀行が提供していたサービスを送金会社が提供しているが、未曾有の経済危機が始まって以来、リーフレットは大幅に減少している。

「これらの会社は私たちの生活を楽にしてくれます」とエリアス・スカフはベイルートの送金会社 OMT の支店の前で言います。

「銀行から送金を受け取った場合、それを引き換える前に百回死ぬことになります」と 50 歳の彼は言い、海外の親戚からの資金のおかげで生き延びたと言います。

2019年以来、レバノンは深刻な経済危機に陥っており、人口の多くは、何十年にもわたる支配階級の管理ミス、汚職、怠慢、惰性が原因だと非難している。

この危機は、貯蓄者が自分のお金に自由にアクセスすることを拒否する厳格な銀行規制によって特徴付けられましたが、現地通貨は闇市場でドルに対してその価値の 90% 以上を失いました。

崩壊に対処するために、かつて経済の指標と見なされていた銀行は、数千人の雇用を削減し、数百の支店を閉鎖し、融資を含むさまざまなサービスを停止しました。

「追加料金なし」

36 歳のエリーは、結婚式のリストについて、家族や友人に、銀行ではなく送金会社の WHISH Money を利用するように勧めました。

「混雑しがちな銀行で何時間も待つ代わりに、ゲストはアプリを介してオンラインで送金できます」と彼は言います。

一部の企業は、従業員の給与の支払いを送金会社に頼っています。

スポーツ用品の販売を専門とする会社のマネージャーである Rachelle Bou Nader 氏は、次のように説明しています。

今日、彼の会社は WISH Money と取引を行っています。 「当社の従業員は、追加費用なしで簡単にお金を引き出すことができるようになりました」と彼女は言います。

レヴァント戦略ビジネス研究所所長のサミ・ネーダー氏によると、銀行にとって、依然として利用可能なサービスのコストは大幅に上昇しており、特に海外との間の外貨送金は「唯一の収入源」であるとのことです。

代理店OMTによると、2022年の最初の6か月で、約25万人のレバノン人が海外から外貨でお金を受け取りました。これは、国への送金の数が2021年の同時期と比較して8%増加したことを示しています。

この成長により、ノンバンク送金市場の 80% を占める同社は、事業を拡大するようになりました。 「私たちはレバノン中に1,200以上の支店を持っています」とOMTのエグゼクティブディレクターであるナジ・アボウ・ゼイドはAFPに語った.

2021 年に、同社は独自の Visa 支払いカードを開始しました。 そのクライアントは、ドルをレバノン ポンドに両替し、婚姻届を作成し、さまざまな請求書や税金を支払うことができます。

自信の危機

サミ・ナデルにとって、レバノンの送金会社は、ディアスポラのレバノン人からレバノンに残っている親戚への送金のおかげで繁栄しており、これは収益性の高い市場です。

「今日、外国にいる若いレバノン人は、両親に100ドルを送ることを躊躇しません。それは違いを生む可能性があるからです」とネイダー氏は語った。

世界銀行によると、レバノンは GDP に対する移民送金の量が非常に多く、2021 年には 54% に達し、年間 60 億ユーロ以上に達する国の 1 つです。

そして、レバノン人の銀行に対する信頼が危機によって大きく揺さぶられたため、そのお金のほとんどは銀行システムの外に流れました。

不満を抱く顧客と、指示を適用する銀行員との間の論争も一般的です。

8 月 11 日、ベイルートの銃撃犯が銀行員を人質に取り、父親の入院費を支払うために凍結預金を引き出すよう要求し、英雄的な評判を得ました。

「銀行からは 1 ポンドも引き出す​​ことができません」と Alaa Cheikhani さん (45 歳) は抗議します。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。