台湾:ジャン=リュック・メランション氏の発言は左派から批判されている

台湾での米国の「挑発」によるジャン=リュック・メランションの辞任は、左翼からの一連の批判を引き起こし、総選挙の際に生まれた新人民同盟内に分裂を引き起こした。

LFIのトップであり、落選した大統領候補は、木曜日のアメリカ下院議長ナンシー・ペロシの訪問を「挑発」であると説明し、北京からの暴力的な反応を引き起こした. La France insoumise の指導者はまた、「中国は 1 つしかない」、「台湾は中国の不可欠な部分である」と繰り返し、北京政府は擁護したが、台北当局は拒否した用語を使用した。

「中国人は彼らの間の問題を解決するでしょう。 他の合理的な結果はあり得ない」とメランション氏は付け加え、米国が「新たな戦線を開く」ことを望んでいると非難した。 木曜日の夜、フランスの中国大使館はジャン=リュック・メランション氏に「一つの中国の政策を絶え間なく支持してくれた」とのツイートで感謝した。

金曜日、BFMTV で、ヌープ内の LFIs の同盟政党であるヨーロッパ・エコロジー・レ・ヴェール (EELV) の国家書記であるジュリアン・バイユーは、メレンション氏による「かなり時代遅れのビジョン」と「地政学についての真の皮肉」を非難した。 「結局のところ、米国に敵対するものはすべて原則として良い。 私の敵の敵は私の友人であるという古い考え…しかし、私は完全に時代遅れだと思います」と彼は言いました。

「自決権を侵害できるのが中国であれば、国民の自決権はそれほど深刻ではないだろう。 「それは理解できない」とパリの副首相は強調したが、彼は「彼はそれをしていない」. Insoumisの指導者の危機、ロシアのウクライナに対する戦争」から学んだ教訓は、鋭いもののようにありません。それは大統領選挙中に表面化した。

「疑わしい訪問」

依然として左翼同盟の Nupes (LFI、PS、EELV および PCF) 内にいる社会党党首で国会議員の Olivier Faure は、Twitter で次のように判断しました。生きている民主主義でそうする台湾人はそうではありません」.

LREM/ルネッサンスの欧州議会議員であるナタリー・ロワゾー氏は、金曜日のツイートで「私たちにはふさわしい同盟国があります」と冗談を言い、インタビューで「スキャンダラス」と表現した中国大使のルー・シェイエ氏の発言をすぐに伝えました。 BFMTVで、彼は台湾の「再統一」と台湾人の「再教育」を擁護しました。

驚くべきことではないが、メランション氏は、ナンシー・ペロシの台湾訪問が中国に対して「火をつけた」と信じているMPマヌエル・ボンパールを含む彼の軍隊の支持を得ており、「今日の国際法は、いわゆる「1つの」中国のコンセプト」。

北京は木曜日のペロシス氏の訪問に対応して、初めて日本の排他的経済水域 (EEZ) 内に落下する前に一連のミサイルで台湾周辺で歴史上最大の軍事作戦を開始した. 台湾の国防相によると、中国の戦闘機 22 機が一時的に台湾の防空区域に入った。

金曜日に、北京はまた、「中国の内政に真剣に干渉した」ナンシー・ペロシと彼女の「近親者」に対する「制裁」を発表し、複数のファイルで米国との協力を終了した.

(AFP付)

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。