吉川由紀へのインタビュー:ポンピドゥ・マラガセンターの日本建築

展覧会「1950年以来の日本建築:複数の空間」はすでにその扉を開いています。 パリの国立近代美術館の建築コレクションから32人の建築家による86点の作品で構成されたこの展覧会は、世紀半ばから現在までの建物の概念、形態、機能の進化を示し、日本人がどのように建築は現代性と伝統の間で進化してきました。それは私たちが最も代表的な建築家を通して発見したものです。

私たちは〜にて マラガセンターポンピドゥー 19年まで開催される「1950年からの日本建築」展のキュレーター、吉川由紀と ポンピドゥー近代美術館 パリで。

小さな新聞ポンピドゥーセンターが最初から建築部門を収容していたことを知っているのは、吉川由紀です。

吉川由紀:建築とデザインに関連するイベントを専門とする産業創造センターは、設立以来展示会や会議を開催してきましたが、コレクションの始まりは1992年にさかのぼります。 その日以来、私たちは国際的な建築の本当のコレクションを構築し始めました。

この展示会はマラガで開催され、スペインで初めて開催されました。 -1950年代以降の日本建築ですか? この展覧会を紹介していただけますか?

この展覧会は、この建築の多様性と豊かさを具体的にします

この展覧会はかなり長い期間、ほぼ70年を提示します。 それは日本の建築の歴史と発展の一種のパノラマですが、同時にこの建築は常に一種の変化を遂げてきました。なぜなら、まず第一に、当時の戦争のために都市が完全に破壊されたからです。経済成長のおかげで、都市の建築は実際に発展していますが、建築の概念を部分的に破壊する地震もあります…したがって、日本の建築のこの突然変異の作成は常にあります。これは、日本の建築家の言語の多様性。 この展覧会では、この多様性と豊かな建築を捉えることができます。

日本の建築とヨーロッパの建築、さらには世界の建築との間につながりはありますか?

はい、接続は実際に存在します。 戦前から西洋モデルの発想が日本の建築家に影響を与えたため、ヨーロッパを旅した建築家もいれば、フランスに数名、大谷幸夫、槇文彦、黒川紀章、磯崎新が発見され、近代建築が発見されました。ル・コルビュジエと。 ル・コルビュジエは1920年代初頭以来、美的であるだけでなく、ライフスタイルを揺るがす、特に建設と都市主義の工業化の分野での研究において、途切れることのない魅力を日本で発揮してきたと言えます。

しかし、1930年代に日本に旅行し、モダニズムの源として伝統的な日本の建築を発見した西洋人(ドイツのブルーノ・タウトなど)もいます。 したがって、この対話は、近代日本の建築を育むのに役立ちました。

マラガのポンピドゥーセンターでのこの展覧会の本質は何ですか?

各セクションには、注目に値するいくつかの主要なポイントがあります。

まず、メタボリックムーブメントは、1960年代と1970年代の革新的な建築ムーブメントであり、テクノロジーの最盛期に、新しい日本のアーバニズムを発明しようとしました。 中銀カプセルタワービル 黒川紀章による、復興期から急速な経済成長期への移行期における日本の建築家の独自性を示しています。

これらの建築家は、生物学的アナロジーを建築に取り入れようとしました。これは、実際には世界の建築史のページであり、テクノロジーと生物学的要素を組み合わせるのは初めてです。

LA ARQUITECTURA JAPONESA DESDE 1950:PLURAL SPACES

有名なプリツカー賞もあり、多くの場合、建築のノーベル賞と比較されます。 ?

日本は、40年前の1979年の創設以来、8つのプリツカー賞を受賞した国です。

マラガでのこの展示会では、受賞歴のある7人の建築家を紹介します。 現在までに、4人のフランス人がプリツカー賞を受賞しています。2008年にはジャンヌーヴェル、1994年にはクリスチャンドポルザンパルク、2021年にはアンヌラカトン(65歳)とジャンフィリップヴァッサル(67歳)のカップルです。

マラガでのこの展示会では、プリツカー賞を受賞した7人の建築家を紹介します。これは、建築分野のノーベル賞とよく比較されます。

ハイレベルな展示会です。 1992年にポンピドゥーセンターの建築部門が設立されて以来、最初のキュレーターであるアランギヒューは、2人の建築家をコレクションに統合しました。 2000年以来、東京国立近代美術館(産業創造)の副館長であるフレデリック・ミガロウも、日本建築の膨大なコレクションを構築してきました。

パリの並外れた背景?

そうです、パリには世界最大の日本建築のコレクションがあります。 日本では、国立建築アーカイブは2014年以来存在しています。私たちはノウハウ、アイデア、コンセプトの保存に関心を持っています。

市民は、建築の文化的、社会学的、哲学的、そしてもちろん生態学的側面を発見することができます。 建築は建物だけではありません

この展覧会では、日本にインスパイアされたスペインのプロジェクトと、スペインの日本人建築家による象徴的なプロジェクトを見ることができます。 そして、時間の経過とともに建築の再定義が常にあります。建築家が人生、社会、文化に門戸を開くこの能力です。 人々は、時々忘れられる建築の文化的側面を発見することができます。 そしてもちろん、社会学的、哲学的、そして生態学的なものです。 建築は建物だけではありません…この展覧会であなたはそれを発見するでしょう!

センターポンピドゥマラガ

ポンピドゥーセンターは、毎日(火曜日を除く)午前9時30分から午後8時まであなたに門戸を開いています。 日曜日の午後4時から入場無料です。

すべての情報👉 訪問時間

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です