同社のアーケードセンターは日本で正式に閉鎖されます

アーケードセンターはまだ日本にたくさんあります、前世紀の終わり以来、彼らの参加は大幅に減少しましたが。 また、ゲーム会社の親会社であるセガサミーホールディングスは、2020年から徐々に売却することを決定しました。 そして今、それは公式です 50年間の活動の後、セガのアーケード部分はドアを閉めています

セガアーケード:時代の終わり?

私たちが現在2022年にいることを考えると、特にフランスでは、アーケード業界の力を理解することは困難です。 しかし、それは日本のビデオゲームの世界において依然として非常に重要な経済的側面です。 2020年に、セガはすでにサミーを売りました Genda Inc (セガエンターテインメントの子会社) これらの商品のほぼ85.1%の市場シェア。

残念ながら、パンデミックは事態を加速させ、同じ年までに有名なアーケードセンターの秋葉原はすでにドアを閉めていました。 残りの株式は本日売却され、同社は正式に社名をGendaGiGOEntertainmentに変更します。 以前セガに関連付けられていたすべての日本のアーケードセンターは、GiGOにブランド名を変更します。

最初のセガアーケードセンターは1960年に誕生しました、そしてその数は全国の1000のセンターから1990年にピークに達した。 それが日本のビデオゲームの世界に固定されていることをあなたに伝えるために。 GendaGiGOの片岡久社長は次のように発表しました。

「全国のセガセンターは、セガの56年の歴史に対する感謝の気持ちと、人々の娯楽の天国になりたいという願望を反映して、名前をGiGOに変更します。 […] 池袋、秋葉原、新宿から始めて、全国に行きます。」

セガと、複数の世代を定義してきたその多くのアーケードゲームの時代は終わりに近づいています。 さもないと、 私たちのお気に入りの青いハリネズミへの道は続く ソニックフロンティア今年はすべてのコンソールで期限が切れます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。