和食が人気上昇中!

日本料理が健康的であると宣伝されていることは周知の事実です。 しかし、実際にはいくらですか? 日本料理は世界で最も健康的ですか? 詳しく見てみましょう。

日本食が流行っているのはなぜですか?

近年、日本料理は世界中でますます人気が高まっています。 寿司と刺身が一般的に日本料理の真髄と考えられている場合、この豊富で多様な料理はそれだけにとどまりません。

日本料理が流行っているのはなぜですか? 第一に、日本のシェフは新鮮な旬の食材に高い価値を置いています。 彼らはまた、さまざまなフレーバーとテクスチャーのバランスをとろうとしています。 その結果、魅力的で魅力的な料理が生まれました。 また、日本料理では、海苔や生姜の漬物など、他の料理にはない変わった食材を使うことがよくあります。 これらのユニークなフレーバーは、日本料理を興味深く、美味しくするのに役立ちます。 新鮮な味、エレガントなプレゼンテーション、ユニークな食材の組み合わせにより、日本料理が近年ブームになっているのも不思議ではありません.

日本食が一番ヘルシーって本当?

日本料理に使われるさまざまな食材を見ると、ほとんどが完全に無料であると結論付けられます. たとえば、魚は日本料理の重要な要素の 1 つです。 タンパク質とオメガ 3 脂肪酸の優れた供給源であり、どちらも健康な体を維持するために不可欠です。 同じことがシーフードにも当てはまります。次に来るのは非常に栄養価の高いシーフードです。

また、和食にはオリーブオイルやごま油などのヘルシーな油がよく使われます。 これらは、コレステロール値を下げるのに役立ちます。

したがって、日本料理は主に野菜で構成され、ご飯や麺が添えられます。 植物ベースの食材に重点を置いた日本食は、カロリーが低く、体に不可欠な栄養素の貯蔵庫である傾向があります.

日本料理は発酵にも非常に重点を置いています。発酵は風味を加えるだけでなく、有益な細菌の成長を促進することで腸の健康を高めます. ヘルシーな食事を探しているときは、お寿司やみそ汁をどうぞ。

この問いに対する決定的な答えはありませんが、日本食は確かに健康的であると言えます。 世界中の他のキッチンと比較して、明らかにするべき暗い面もあると言えます!

日本料理の隠れた一面とは?

日本料理は、ヘルシーな食材とシンプルな調理法で称賛されることがよくあります。 脂肪、塩分、カロリーが高い料理も数多くあります。

たとえば、天ぷらは、パン粉をまぶして揚げた野菜や魚介類で構成される人気のある料理です。 天ぷらは楽しくておいしいおやつですが、脂肪とカロリーも高くなります。

同様に、焼き鳥は鶏肉の串焼きを甘いソースで味付けした料理です。 焼き鳥が素晴らしいタンパク源になるとき。 ソースに含まれる砂糖は、血糖値の急上昇を引き起こす可能性があります。 とんかつなどの他の揚げ物、うどんやそばなどの各種麺料理も、日本の食生活の一部であるボリュームのある贅沢な料理です。

また、多くの和食には白いご飯が添えられています。 血糖値の急上昇を引き起こす可能性のある精製された炭水化物。 みそ汁と緑茶は一般的に健康的な選択肢と考えられていますが、ナトリウムが多い場合もあります. 結局のところ、寿司は健康食品と見なすことができます。 確かに、特定の種類の魚で調理すると、多くの水銀が含まれる可能性があります.

要するに、他の国と同様に、食事の経験は豊富であり、選択肢は多様です。 明確にするために、日本料理は、その食材が新鮮で植物ベースである限り、健康的であることができます. それにもかかわらず、砂糖、塩分、炭水化物を多く含む料理を避けることが重要です..

* Presse Santé は、すべての人がアクセスできる言語で健康に関する知識を伝えるよう努めています。 いかなる場合も、与えられた情報が医師のアドバイスに取って代わることはありません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です