国防相が安全保障フォーラムのためにシンガポールを訪問

ソウル、6月9日(聯合ニュース)-李鐘燮国防相は木曜日にシンガポールを訪れ、毎年恒例の安全保障フォーラムであるシャングリ・ラ対話に出席した。

ソウル筋によると、3日間のフォーラムは金曜日に始まり、米国、中国、英国、オーストラリア、カナダ、日本、ウクライナを含む40カ国以上からの高官が参加した。

フォーラムは、米国のインド太平洋戦略、中国の地域秩序のビジョン、軍事の近代化、「多極地域における地政学的競争」の管理に関するセッションを含む、7つのプレナリーセッションで構成されています。

李首相は、日曜日のアジア太平洋とヨーロッパの「共通の課題」に関する第6回会期で、尹錫淵(ユン・スクヨル)政権の北朝鮮政策と現在のインド太平洋戦略の枠組みについて説明する予定だ。

オブザーバーによれば、ソウルのインド太平洋戦略には、東南アジア諸国連合との関係を深めることに以前重点を置いていた以上に、地域安全保障、経済および外交協力のより広範な要素を含めるべきである。

フォーラムの傍観者として、李首相は、カウンターパートと二国間および三国間会議を開くことが期待されている。

李首相は、土曜日にロイド・オースティン米国防長官と会談し、オースティンと岸信夫防衛相と三国間会談を行う。 李首相と岸氏は二国間協議を計画していない、と当局者は語った。

フォーラムの期間中、リーはまた、中国、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、オランダ、および欧州連合からの彼のカウンターパートとの二国間会議を計画しています。

これらの会議は、北朝鮮の進化する核とミサイルの脅威に対抗するために協力することに焦点を当てることが期待されています。

先週末、平壌はバルト海に8発の短距離弾道ミサイルを発射しました。これは今年で18回目の軍事的示威活動です。 最近の挑発は、北朝鮮がプンゲリサイトで7回目の核実験を実施できるとの憶測のなかで起こった。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。