在レバノン日本大使公邸に散乱弾が着弾

1年で2回目となるクラスター弾は、「おそらくカラシニコフ銃から」、レバノンの日本大使である大久保毅公邸に着弾した、大久保毅大使は木曜にアラビア語でツイートした。 大使公邸は山岳レバノンのバーブダにあります。

「跳ね返って家の廊下に着地したボールは、誰にも怪我をさせなかった」と大使は書いた。 彼は市民に「この現象が他の人にとって悲劇にならないように、空中での射撃をやめる」よう促した.

5月に大使の庭で流れ弾が発見されたが、これは議会選挙の結果が発表された後の固定火災によるものと思われる.

レバノンでは違法ではありますが、お祝いの銃撃は一般的です。 2016 年、議会は法律第 71/2016 号を可決しました。これは、空中での武器の発砲を犯罪とし、銃撃者を 6 か月から 3 年の禁固刑と 10 年間の重労働に処し、銃撃で死亡した場合は罰金を科します。 この法律にもかかわらず、喜びや悲しみのために銃を撃つことは依然として一般的でした. ベイルートに本拠を置く研究センターである Information International によると、クラスター弾は 2010 年から 2021 年の間に、年間平均 7 人の死亡と 15 人の負傷を引き起こした。

土曜日、レバノン情報総局は、レバノン北部のミニエで自動小銃を空中で発砲したとして、元国会議員のオスマン・アラメディンを逮捕した。 アラメディン氏は後に保釈され、事件は軍法会議に付託された。

1年で2回、「おそらくカラシニコフ銃からの」クラスター弾が、駐レバノン大久保武史大使公邸に着弾したと、大久保武史大使は木曜日にアラビア語でツイートした。 大使公邸はレバノン山地のバーブダにあります。 「跳ね返って家のホールに着弾した弾丸は、誰も傷つけなかった」と述べた…

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です