在日トルコ大統領府通信局パネル

AA / 東京 / Ahmet Furkan Mercan

トルキエ大統領府の通信局は木曜日、東京で国連安全保障理事会の改革の必要性に関するパネルディスカッションを開催した。

このパネルは、アンカラに本拠を置くSETA(政治、経済、社会研究財団)のワシントン支部長であるBugra Kanatによってモデレートされ、元国連駐在日本国大使である新葉隆宏を含む数人のパネリストが参加しました。ドイツ、大阪国際公共政策大学院の星野俊也教授、トルコの学者ゴンジャ・オグズ・ゴック。

セッションは、トルコ大統領府のコミュニケーション ディレクターである Fahrettin Altun からのビデオ メッセージで始まりました。

アルトゥン氏は、平和と安全を維持するために設立された国連は、もはや国際社会の期待に応えていないと述べ、国連安全保障理事会の構造改革の緊急の必要性を強調した。

「新しい国連は、国際の平和と安全をより効果的に保護するように設計されるべきです」とアルトゥン氏は述べ、「多文化の国連は、公正でより永続的な世界平和を確保するための必要条件です」と付け加えました。

アルトゥン氏は、30 年間議論されてきたこの改革の問題について、より具体的な措置を講じる必要があると付け加えました。

通信局が発表したプレスリリースによると、新陽貴宏氏は、「UNSC(国連安全保障理事会)は信頼の危機に直面している。UNSC改革の目的は、安保理の構造を変えることだ」と述べた。トルキエ大統領の。

「常任理事の数を増やすべきではありません。評議会の常任理事は5人で十分です」と彼は言いました。

「国連安全保障理事会の非常任理事国に任期を延長することで、準常任理事国と同様の地位を与える」という考えに言及し、長期的には国連の常任理事国は安全保障理事会も変わる可能性があります。

星野俊也氏は、国連安保理改革の必要性は「議論の余地はない」が、「問題は勢いを失っている」と述べた。

一方、トルコの学者である Gonca Oguz Gok は、手続き上の改革ではこの危機を解決できず、国主導の多国間イニシアチブが国連改革プロセスの勢いを増す可能性があると述べた。

トルコ大統領府の通信局は、国連安全保障理事会の改革の必要性を強調するために、イタリア、アルゼンチン、英国、ノルウェー、フランス、スウェーデン、ドイツ、南アフリカ、韓国で一連のパネルを組織しました。

*Mourad Belhajによる英語からの翻訳

アナドル局が内部放送システム (HAS) を介して加入者に放送するアナウンスの一部のみが、AA Web サイトでまとめて放送されます。 登録するには、お問い合わせください。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。