場所。 NASAにとって、男性は2030年までに月に住むことができます

人類は、20 年代の終わりまでに月面に住むことができると予想されています。 これは、NASAの関係者であるハワード・フーによって確認されました。 BBCとのインタビュー中に. 「この10年で人々はそこに住むだろう [sur la Lune, NDLR] 彼らが表面に費やさなければならない時間に応じて、永久に。 彼らには家があり、陸上車両があります。 私たちは人々を地表に派遣し、彼らはそこで生活し、そこで科学を行います」と、オリオン プログラムのディレクターは要約しました。

今のところ、アメリカの宇宙機関は、50年以上後の人類の月面への帰還に焦点を当てています. アポロ計画の終焉. これは、アルテミス計画の最初の 3 つのミッションの目標であり、2 人の宇宙飛行士の混合乗組員の着陸で終了します。 2026年まで. しかし、それは冒険の始まりにすぎません。 その後、ミッションのペースが加速し、NASA は次のフェーズを開始します。地球と月の間に宇宙ステーションを建設し、月の南極近くに「ベース キャンプ」を設置します。

洗礼を受けた ゴール、最初のものは、月面での運用のコマンドセンターとして、緊急時の宇宙飛行士の中継基地または避難所として、また国際宇宙ステーションのような科学実験室として機能します。 また、さまざまなパートナーが提供するモジュールを追加して、ISS をモデルにする必要があります。 カナダ、日本、ヨーロッパは、それぞれの宇宙機関を通じて参加を表明しています。 将来のステーションの軌道を研究するために、11 月 13 日に月の近くに超小型衛星 Capstone が到着しました。

月面に基地を建設することは、さらに大きな挑戦です。 初めて、人類は地球以外の天体に長期間滞在することになります。 数週間、場合によっては数か月の話ですが、リソース、機器の摩耗、リスク管理、または放射線被ばくに関して前例のない問題がないわけではありません。

比較のために、1969 年から 1972 年の間、アポロ計画の宇宙飛行士は地表で 16 日間しか過ごしず、100 キロメートル移動しました (主に、ローバーに登った最後の 3 つのミッションの間)。

現場で酸素と燃料を生成する

アポロ計画のように月の赤道域ではなく、なぜ南極にあるのでしょうか? 答えは一言で言えば水です。 氷の形で、それは、低い太陽によって恒久的な暗闇に残されたクレーターの底に豊富にあり、温度が-235°Cに達する可能性があります. この氷は、宇宙飛行士が利用できる最も貴重な資源です。氷から水と酸素を奪うだけでなく、ロケット燃料 (液体酸素と水素で構成される) に変換することもできます。

ゴダード宇宙飛行センターのダニエル P. モリアーティ氏は、「明るい場所にキャンプを設置し、これらの非常に寒いクレーターに到達するというアイデアです」と述べています。 NASAのウェブサイトで.

南極の利点はこれだけではありません。 シャクルトン クレーターの近くなど、明るい場所は最大 200 日間の日照の恩恵を受けます。ほとんどのエネルギーがソーラー パネルから得られる場合は非常に便利です。 また、それから 12 年以上が経過しています。 月面偵察オービター探査機 すべての平方メートルをマッピングするまで、地域の上空を飛行します。 さらに、南極点は、中国の Yutu 2 ローバー以外ではほとんど知られていない、ほとんど未踏の月の暗黒面を人間の探査の範囲内にもたらします。

要約すると、将来の月面基地は衛星の見える側(地球との直接通信を可能にするため)、日当たりの良い場所にある必要がありますが、着陸可能性のある場所である暗闇に永久に浸されている窪地に近く、そこから安全な距離にある必要があります。 . NASA は、夏にこれらの基準を満たす 13 のサイトのリストを公開しました。

着陸機とキャンプの間の 1 キロ

月面基地はどうなる? SF 映画で有名になった、ロケットの基部にある一握りの白い構造物のイメージは忘れてください。 後者は距離を置いてください。 アメリカの宇宙機関は、数百トンのがれき、ほこり、石を予想していました 月面着陸時にエンジンによって爆破される可能性がある. 施設に損害を与えたり、サンプリング サイトを汚染したりしないようにするために、NASA は、着陸サイトとベース キャンプの間に 1 キロメートルの距離を義務付けています。 また、それらは異なる高さに配置し、可能であればレリーフで分離する必要があります。

月の将来の生息地がどのようになるかはわかっていません。 一部の専門家が示唆するように、それらは半埋設型、膨張型、積み重ね型、3D プリント型、ソーラー パネルで覆われたもの、またはレゴリスの層で覆われたものになるのでしょうか? 唯一確実なことは、最初に 4 人の乗組員を約 1 週間収容できることです。

NASA はまた、「ハビタブル モバイル プラットフォーム」を計画しています。これは、2 人の宇宙飛行士が 45 日間の遠征に出かけることができる、一種の月面のモバイル ホームです。

そして現場では、宇宙飛行士はプログラムの下でロボットミッションによって提供される一連の機器を持っています。 商用月ペイロードサービス 宇宙機関。 最初の 1 つは、近距離の移動に不可欠な月面車両になる可能性があります。

ますます動員される民間部門

この機器はまだテストされていません。 ほとんどの人はまだ研究室から出てきていません。 ISS と同様に、NASA はますます民間部門に依存しています。 アメリカの宇宙機関はすでに SpaceX 宇宙船を着陸船として選択しており、 発表したばかり 競合他社も欲しかった(ボーイングにとっては2度目のチャンス)。 新世代の月面車を製造するために 4 つの企業が候補に挙がっています。 Northrop Grumman、Lockheed Martin、General Motors、スタートアップの Astrolab、Teledyne、Sierra Space、日産のアライアンス。

トヨタと協力して、日本の宇宙機関は最近、与圧ローバー プロジェクトを発表しました。 その一部として、NASAは長い間その概念でファイルに取り組んできました 宇宙探査機 (SEV): 床置きと車輪付きの両方が可能で、10 年間開発されてきた与圧された生活空間。 新世代のスーツは、テキサスの企業である Axiom Space に委託されました。この会社は、恐ろしい月のレゴリスに耐え、宇宙飛行士が正しく作業して動くのに十分な柔軟性を備えたスーツを設計するという困難な仕事を担当します (アポロの宇宙飛行士がジャンプしたように見えた場合、何よりも、他の方法ではほとんどできないことです)。

この装備はすべて間に合うでしょうか? これにより、プログラムの残りの部分が決まります。 NASAはアルテミス3号から、1年に1回のミッションを送り、宇宙飛行士の滞在を徐々に延長する予定です。 目的: 次の 10 年の終わりまたは 2040 年代初頭に行われる可能性のある火星への有人ミッションをシミュレートすること。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です