外国為替市場への日本の介入の歴史

日本が外国為替市場に直接介入してから10年以上、通貨を支援するために介入してから20年以上が経過しました。

これは、日本銀行が外国為替市場に介入したいくつかのタイムラインです。

(グラフィックオン、円への日本の介入の歴史:

)。

1973年-日本の金融当局は、円をグリーンバックに対して自由に変動させることを決定しました。

1985年-G7の前身である5つの先進国のグループがプラザ合意に署名し、ドルが過大評価され、ドルを弱めるために行動することに同意しました。

1987年-2月、G7諸国のうち6か国が、通貨の安定とドルの急激な下落を食い止めることを目的としたルーブル合意に署名しました。

1988年-1月4日、東京での取引でドルは第二次世界大戦以来の最低水準である120.45円に下落した。 日本銀行はドルの買いと円の売りに介入します。

1991年-1992年-日本銀行は米ドルを売ることによって円を支援するために介入します。

1993年-日本銀行は、その強さを抑えるために、年間を通じて円を売りました。

1994年4月-1995年8月-ドルはドイツマルクに対して記録的な安値を記録し、円に対して戦後の安値を記録するために下落しました。 米国は、グリーンバックを支援するために、しばしば日本とヨーロッパの中央銀行に何度か介入しました。

1997年-1998年-アジア通貨危機により、米国当局が日本銀行に円を買いに参加した後も、8月の円安は対ドルで約148円になりました。

1999年1月2000年4月-日本銀行は、円高が景気回復を鈍らせることはないだろうという懸念の中で、1回は連邦準備制度を通じて、もう1回は欧州中央銀行を通じて少なくとも18回円を売ります。 円高は続く。

2001年9月-日本銀行は、米国での9月11日の攻撃の後、円を売るために介入しました。 ECBとニューヨーク連邦準備制度の両方が日銀に代わって行動します。

2002年5月-6月-日本銀行は円を売るために介入し、しばしば連邦準備制度とECBの支援を受けました。 円高は続いています。

2004年3月-円高を食い止めるための15か月のキャンペーンが終了し、その間に日本は介入に合計35兆円、つまり3,000億ドル以上を費やしました。

2010年9月15日-日本は6年ぶりに外国為替市場に介入し、ドルが15年ぶりの安値82.87円に達した後、円高を食い止めるために円を売りました。

2011年3月18日-日本企業が復興のために外国資産を返還しているとの憶測が飛び交う中、大地震後、通貨が過去最高を記録し、G7諸国が協力して円高を食い止めています。

2011年8月と10月-日本は、3月の地震と津波によって引き起こされた景気低迷からの回復を妨げる可能性があると当局が言う利益を抑制するために介入します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です