女性の裸とその後の脳卒中のリスク

これらの調査結果は、脳卒中のリスクを減らすために、ライフスタイルの変更を含む特定の介入を実施して、流産または死産を経験した女性を早期かつより厳密に監視することを求めています.

脳卒中は、世界中の女性の死亡および身体障害の主な原因です。 2019 年には、約 300 万人の女性が脳卒中で死亡しました。 女性は、脳卒中後の障害により 1,000 万年分の健康寿命が失われ、健康寿命の損失は男性よりも 44% も大きくなっています。

実際、肥満、高血圧(高血圧)、糖尿病などの既知の脳卒中危険因子は、女性の脳卒中リスクが高いことを完全には説明していません. 不妊症、流産、死産と脳卒中の長期的リスクとの関連性に関するこれまでの研究では、決定的な結果が得られていません。 この研究は、脳卒中の特定のタイプに応じて、この関係を明らかにします。

女性特有の脳卒中の危険因子は?

研究: これは、7 カ国 (オーストラリア、中国、日本、オランダ、スウェーデン、英国、米国) および合計 620,000 人の高齢の女性からの 8 つの研究を含む、合計 27 の研究から得られたリプロダクティブ ヘルスおよび慢性疾患データの InterLACE コンソーシアムによる分析です。 32歳から73歳。 不妊症、流産、死産に関するデータはアンケートによって収集されました。 非致命的な脳卒中データは、アンケートまたは病院の記録から収集されました。 病院の登録簿からのデータを使用して、致命的な脳卒中と死亡を脳卒中のサブタイプ (出血性または虚血性) 別に特定しました。 参加者の中には

  • 275,863 人の女性が、非致死的および致命的な脳卒中データを持っていました。
  • 54,716 人の女性は、致命的でない脳卒中のみのデータを持っていました。
  • 288,272人には致命的な脳卒中データのみがありました。 このグループ内で、9,265 (2.8%) の女性が平均年齢 62 歳で最初の致命的でない脳卒中を経験し、4,003 (または 0.7%) が平均年齢 71 歳で致命的な脳卒中を経験しました。
  • 40 歳以前に致命的ではない脳卒中を起こした参加者は除外されました。 人種、体重、ライフスタイル、潜在的な併存疾患など、複数の交絡因子も考慮されました。
  • 不妊症、流産、死産は脳卒中のリスクの増加と関連しており、特に流産と死産の再発 (> 3) と関連しています。
  • 不妊歴のある女性は、致命的ではない脳卒中のリスクが 14% 高くなります。

  • 流産はまた、致命的ではない脳卒中のリスクを 11% 増加させることにも関連しており、このリスクは流産の数とともに増加します。
  • 3回以上の流産は、致命的ではない虚血性脳卒中および出血性脳卒中のリスクをそれぞれ37%および41%増加させます。
  • 致命的な虚血性および出血性脳卒中の場合、3 回以上の流産はそれぞれ 83% および 84% のリスク増加と関連しています。
  • 死産の既往があると、非致死的脳卒中のリスクが 30% 増加し、複数回 (2 回以上) 死産した女性は、非致命的虚血性脳卒中のリスクが 80% 増加します。
  • 死産を繰り返すと、致命的な脳卒中のリスクが 40% 増加します。

何の説明? 研究者は次のように提案しています。

  • 不妊症と脳卒中のリスク増加との関係は、多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS) や早発卵巣不全などの状態による可能性がありますが、内皮機能不全 (心臓の血管の狭窄) は、心血管障害のある女性の脳卒中リスクの増加を説明する可能性があります。死産または反復流産の病歴;
  • 不健康なライフスタイル (喫煙や肥満を含む) も流産や不妊に関連しており、脳卒中のリスクにもつながる可能性があります。

主にアンケートから収集したデータを分析し、因果関係を立証しない観察研究です。 しかし、これはしっかりとした結果をもたらす大規模で適切に設計された研究でもあります。

その著者によると 「流産歴は、脳卒中の女性特有の危険因子と見なされる可能性があります。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。