妊娠中絶薬を入手するには、女性はパートナーの同意を得る必要があります。

妊娠中絶薬は1982年からフランスで販売されており、年末までに日本で承認される予定です。 国の本当の進歩ですが、特定の条件はすでに設定されています。 この薬を受け取るために、女性は彼らのパートナーの同意を得なければなりません、裏切り 警備員

日本は、外科的中絶に訴えるために第三者の同意を得る必要がある世界の11カ国の1つです。 世界保健機関(WHO)は、この慣行の廃止を繰り返し求めてきました。 活動家によると、1948年の母体健康保護法がこの政策の起源です。 したがって、いくつかの協会は、妊娠の自発的な終了(中絶)へのアクセスに関するこれらの要件を削除するよう当局に求めています。

高価な薬

「『配偶者の同意』は、それが正しくない場合、または配偶者が女性に彼女の意志に反して出産を強いる場合に問題になります」と、Action forSafeAbortionJapanの創設メンバーは説明します。 追加する前に:「望まない妊娠を続けることを余儀なくされることは、暴力であり、拷問の一形態です。 この運動は、社会民主党の党員である野党議員によって支持されています。 それは女性の権利のより大きな保護を要求し、女性が「男性の所有物ではない」ことを彼らに思い出させます。

中絶は承認の対象となるだけでなく、州の健康保険の対象にもなりません。 その費用は10万円、またはほぼ730ユーロと見積もられています。 したがって、多くの女性にとってはアクセスできません。 「避妊、中絶、妊娠、出産はすべて公的資金で賄われるべきだ」と静岡大学の社会科学教授は主張する。 英国の日刊紙によると、経口避妊薬の40年と比較して、日本はバイアグラを受け入れるのにわずか6ヶ月かかりました。 活動家にとって、そのような決定は「議会と主に男性の医療専門家の側の女性の健康への関心がほとんどない」ことを示しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。