子どもの目から見た明治時代の日本

版画と切り抜き人形の間に、19世紀末の日本の子供たちの若者を描いています。 明治時代は、日本の歴史の真のターニングポイントであり、日本の西洋への開放と近代化を示しています。

約140点の展示があり、パリ日本文化会館では、子供や若者の珍しい視点からこの時代を発見することができます。

「浮世絵」があります 子供たちの代表»だけでなく、«浮世絵 子供向けB.学習、娯楽、または読書に使用されます。

明治日本の文脈を学び、理解するための4つのステップの旅。 次に、教育専用の版画、そして「おもちゃ」の版画があります。

最後に、楊洲周、尾形月耕、宮川春求、山本昇雲の4人の「マスタープリントメーカー」の子供時代を見てみましょう。 展示されている版画は、町田市立国際美術館と公文教育研究会の2つの日本のコレクションからのものです。

コースの最後には、フランスの漫画家でイラストレーターのビゴットの作品もエピローグとして展示されます。 彼はペンを使って、当時の日本の大きな変化をスケッチしていました。

展示会には、特に若い聴衆を対象とした会議、ワークショップ、その他の活動が予定されています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です