学校でのいじめ、日本とスペインの大きな問題

学校でのいじめは、多くの国で依然として惨劇です。 これは、公共の場での安全性で知られているが、逆説的に学校でのいじめや嫌がらせの問題でも知られている日本で特に当てはまります。スペインでは、5年前に発表された報告書が当局に行動を強制しました。

日本では学校のいじめについての漫画

学校を舞台にしたマンガは、何十年にもわたって独自のジャンルでした。 いじめや嫌がらせは、実生活と同じように、特に大学で非常に多く見られます。 40〜50年前の漫画の中には、「イジメ」と呼ばれるこの脅迫現象が、特定のシーンの残酷さのために些細なことであると誤って示唆することがありました。

しかし実際には、特に近年、10代の若者を対象としたマンガは、嫌がらせを受けた学生にサービスを提供するツールになる傾向がはるかに高く、SOSを立ち上げる手段である防御の鍵を彼らに与えています。 週刊誌などの雑誌のマンガ 少年ジャンプ どこ 少年マガジン 人間の価値観を守ることはより有益であると見なされており、最近では、デジタルプラットフォームで公開されているマンガも引き継いでいます。 子供たちが複雑な状況から抜け出すのを助けるためにマンガの形で教育ツールもあります。

特に対象とされているように見えるこれらすべての非常に日本の治療法にもかかわらず、問題は解決されていません。 昨年、499人の学童と若者が日本で自分たちの生活を送っていました。 学校や家族のアフターケアの問題が主な原因である場合、嫌がらせは別の問題です。 10年前に施行された特別管理法を含む既存の手段は十分ではありません。 数日前の記者会見で、真新しい文部大臣の末松信介が再びこの問題に取り組んだ。 「私は、より多くのスクールカウンセラーやソーシャルワーカーと協力して、このハラスメントに対処するための適切なメカニズムを確立したいと考えています。 私はまた、このいじめが完全に機能するのを防ぐための法律を作るために努力するつもりです。」彼は保証します。

「今日でも、いじめを背景にした自殺は嘆かわしい。」

文部科学大臣末松信介

毎回同じメッセージですが、主な懸念事項は残っています。 クラスごとに40人の生徒がいることが多い教師は、すべてを見ているわけではありません。 そして評判の理由から、学校は内部のいじめを否定する傾向さえあります。 自殺や事故の際の問い合わせもありますが、被害者の家族にがっかりするような結果が出るまでには数ヶ月から数年かかります。

スペインでは、2021年に法律が可決されました

スペインでは、NGOのセーブ・ザ・チルドレンが作成し、2016年に発表されたレポートが始まりました。 この非常に詳細な作業は、2万人を超える公立教育学生のアンケートへの回答に基づいており、最初にスペインの状況を正確に診断し、いくつかの定量化された結果をもたらします。 12〜16歳のこれらの生徒の9%強が、ある時点で学校でのいじめを経験しています。 サンプルは代表的なものであるため、著者はこれが20万人近くの子供を表していると結論付けています。 ハラスメントは通常、侮辱の形をとります。 10人に6人の学生が侮辱され、10人に2人が定期的に侮辱されており、ネットいじめ(携帯電話を介した)はこれらの言葉による攻撃の一般的なベクトルです。

もちろん、報告書は当局に勧告を行っています。 教師の訓練、子供たちの教育、プロトコルの起草、被害の回復、主要な枠組み法の起草など。

5年後、物事はゆっくりですが確実に進んでいます。 NGOセーブ・ザ・チルドレンのスポークスウーマン兼子供政策責任者によると、ローラ・デル・モラル。 「この報告のおかげで、学校でのいじめは暴力の一形態であるという議論を公開することができました。」彼女を保証します。

「これらは子供の話ではなく、ゲームでもありません。影響を受けた人々に深刻な結果をもたらすのは暴力です。」

NGOセーブ・ザ・チルドレンのスポークスウーマン、ローラ・デル・モラル

franceinfoで

「議会は最近、子供や若者を暴力から保護するための枠組み法を可決しました。 この法律は、学校でのいじめを一種の暴力と見なしており、学校は予防と対応のための特定のプロトコルを確立する必要があり、嫌がらせは内部規則に含まれている必要があります。」閉じます ローラ・デル・モラーレ。

法律は5月20日に可決されました。 ソーラーハラスメントの問題に加えて、たとえば未成年の移民の権利を保護したり、小児性愛の犯罪の報告と起訴を促進したりするため、非常に広範です。 それは明らかにNGOの動員、特にセーブ・ザ・チルドレンに触発された法律です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です