宇宙にとどまるこの奇行な億万長者、前澤友作について知っておくべき3つのこと

2021年12月7日16:01に投稿2021年12月8日午後3時43分に更新

国際宇宙ステーション(ISS)はまもなく新しいゲストを迎えます。 宇宙に情熱を注ぐ日本の億万長者である前澤友作は、水曜日の07:38 GMT(08:38 Paris)にロシアのソユーズロケットに搭乗します。 カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられます。 飛行は6時間続く予定で、ISSのロシアセグメントのPoïskモジュールにドッキングする予定です。グリニッジ標準時13:41(14:41パリ)に予定されています。

その後、億万長者はアシスタントの平野陽三と一緒に宇宙ステーションに12日間滞在します。 オンライン衣料品サイトの創設者であるビジネスマンは、ソーシャルメディアのファンでもあります。 旅行中、彼は自分のYouTubeチャンネルで感想を共有します。 この気まぐれなキャラクターについて知っておくべきこと。

1.Zozotownの創設者

前澤友作さん(46歳)は、日本最大の衣料品とアクセサリーのオンラインウェブサイトの創設者です。 2004年に立ち上げられたZozotownの成功により、Zozotownは国内で30番目に大きな私有財産になりました。 ビジネス誌フォーブスによると、彼の私的財産は19億ドルまたは17億ユーロと推定されています。 彼の会社の資本の大部分はYahoo!に売却されました。 2019年の日本は37億ドル。 その後、彼はほとんどの株を売却し、会社の経営を辞めました。

前澤友作のイメージは、しばしば非常に滑らかで、息苦しい日本人ビジネスマンとは対照的です。 この素晴らしいソーシャルネットワークフォロワーのTwitterアカウントをフォローしている人は1,000万人を超えています。 さらに、彼はトリックを上演することを躊躇しません。 これは特に2019年1月に、彼がランダムに選択した100人のフォロワーに1億円、つまり80万ユーロを提供することを約束したときに当てはまりました。 選ばれるには、これ以上簡単なことはありません。締め切り前に投稿されたメッセージをリツイートするだけです。 成功はそう長くはかからなかった。 このビジネスマンは、わずか36時間で380万件以上のリツイートを生成しました。 ほぼ1年後、彼は同様の大会を開催しました。

2.宇宙愛好家

西側がメザワユサクを発見したのは、主に、2018年9月にイーロンマスクからスペースXロケットに乗って宇宙への観光旅行の最初のチケットを購入したためです。 20歳以上の独身女性」が彼の冒険に同行するガールフレンドを見つけるために。

その後、彼は3万人近くの候補者を引き付けることなく計画を変更し、代わりに6〜8人のアーティストを招待すると主張しました。 彼は最終的に、より広範な採用方針を採用することを決定し、世界中の人々に8枚のチケットを提供することを決定しました。

しかし、月を飛び回る前に、メザワユサクはISSに飛ぶでしょう。 彼らと彼の助手は、2009年にシルクドゥソレイユの共同創設者であるカナダ人のギーラリベルテ以来、ロシアのロスコスモス宇宙機関によってISSに乗船した最初の観光客です。 「彼の宇宙旅行について、無重力状態の体験のために100のアイデアを選択しました。バドミントンやゴルフをしたり、シャボン玉を吹いたり、ヨーヨーに乗ったり、くしゃみをしたときに体が回転するかどうかを確認したりします。

3.芸術愛好家

ビジネスマンはISSへの旅行にいくら払ったかを明らかにしなかった。 彼が現代美術に投資した金額から判断すると、彼はおそらく手段を軽視しなかったでしょう。 2017年、ニューヨークのオークションでジャン=ミシェルバスキアが無題の絵画を1億1,050万ドルで購入したことで、大きな反響がありました。

彼はまた、パブロ・ピカソ、ロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル、ジェフ・クーンズの作品を所有しています。 前澤友作は、アートマーケットの専門家に相談することなく「本能的に」行動する「コレクター」だと語る。 「一生懸命働き、人々を幸せにし、お金を稼ぎ、大きな夢を見て、素晴らしい場所を訪れ、人々に会い、素晴らしいことを経験し、成長し、再び働く」と彼は今年初めにツイッターに書いた。

ビデオ-ロシアから宇宙に送られた日本の億万長者について知っておくべき3つのこと

AFPを使用

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です