宇宙イノベーションの機会をつなぐ

「持続可能で豊かな未来のために宇宙イノベーションの機会をつなぐ」をモットーに、e アジア太平洋地域宇宙機関フォーラム (第 28 回アジア太平洋地域宇宙機関フォーラム – APRSAF-28) セッションが 11 月 17 日にハノイで開始されました。

>> さまざまなパートナーシップによる宇宙イノベーションの開発

28日の代議員e 11 月 17 日に開催される宇宙機関のアジア太平洋地域フォーラム。
写真:VNA/CVN

開会の辞で、ベトナム科学技術アカデミーのチャウ・ヴァン・ミン会長は、協力を継続し、より強力で一貫性のある航空宇宙を創造するために、宇宙技術の探査と応用からの経験が代表者によって共有されるという彼の信念を表明しました。地域にコミュニティをつくるスペース。

APRSAF-28 は、2 つの主な目標に焦点を当てています。宇宙活動に関する情報と、各国およびアジア太平洋地域の将来の計画に関する情報を共有および更新することです。 APRSAF メンバー間の国際協力の機会について話し合い、模索する。

代表団は、「アジア太平洋地域における宇宙イノベーションのための衛星応用の課題」と「持続可能で繁栄した開発を達成するためのイノベーション環境の構築」をテーマとする 2 つの本会議で、これらの主要な目的について議論します。

このイベントは、ベトナム科学技術アカデミー、日本の文部科学省、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の共催で、11 月 15 日から 18 日に開催されます。

宇宙機関、政府機関、国際機関、民間企業、大学、研究機関から 34 の国と地域から 350 人以上の代表者が参加しています。

VNA/CVN

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です