安倍晋三の殺害: 月のカルトは、容疑者の母親が信者であることを確認した

容疑者のプロフィールや動機は日に日に明らかになっていく。 安倍晋三の殺害で告発された山上哲也の母親は、実際には統一教会のメンバーであることが7月11日月曜日に確認された.

41歳は怪しい 「特定の組織を拒否した」 そして、7月8日金曜日に負傷で死亡した安倍晋三を殺害することを決定した。 西日本の奈良で開催された政治集会で演説しているときに、彼は 2 度撃たれた。

山上哲也は元首相が文派と関係があると信じていた。 組織によって反駁された仮説、彼は元首相が 「そのメンバーまたはアドバイザーの1人ではありませんでした」。 しかし、教団のウェブサイトには、安倍晋三氏が昨年 9 月に統一教会の関連団体が主催するイベントに出演したことが記載されています。 彼は朝鮮半島平和機構の活動を称賛する演説をした。

日本のマスコミは、実際に名前を付けずに宗教団体にすぐに言及し、山上哲也が母親から多額の寄付を受け取ったため動揺したと主張しました。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。