安倍晋三元首相が発砲で重傷

日本の安倍晋三元首相は、7月8日金曜日に奈良市(西)でのイベントで攻撃され、重傷を負った. 彼の健康状態は「現在不明」であると、政府のスポークスマンは述べた。 少し前に、日本のメディアは「心停止」を引き起こし、「生命の兆候は見られなかった」と主張した.

日本のメディア共同通信と国営テレビ局NHKによると、2発の銃声が聞こえた。 その結果、元日本の首相に対する銃撃戦と思われる事件の後、男が殺人未遂の容疑で逮捕された。

国営NHKは警察筋の話として、容疑者は40代とみられ、銃は押収されたと述べた。 「彼が演説をしていると、後ろから男がやってきた」と、現場にいた若い女性がNHKに語った。

編集者が推奨する

「心肺停止」の安倍晋三

「最初のショットはおもちゃのように聞こえました。落下せず、大きな爆発がありました。2 番目のショットはよりはっきりと見え、火花と煙が見えました」と彼女は付け加えました。
「二発目以降 人々は彼を取り囲み、心臓マッサージを行った」と彼女は再び証言した。 銃撃の後、安倍晋三は倒れ、首から出血していた、と与党自民党(PLD)の情報筋は時事通信社に語った。

NHKと共同通信の両方が、安倍晋三氏が入院し、心停止状態にあるように見えたと報告した. AFPが連絡したところ、 地元の警察は声明を出すことができませんでした 即座に。

この攻撃の後、国際社会は落胆を表明した。 エマニュエル・マクロンのように、彼は「非常にショックを受けた」と言った。 同じ言葉は、中国、ドイツ、さらにはNATOの長によっても使用されました.

編集者が推奨する

RTL 編集チームからのニュースがメールボックスに届きます。

RTL アカウントのおかげで、RTL Info ニュースレターを購読して、毎日すべてのニュースをフォローしてください

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。