安全保障理事会:ジョセフ・ダイスにとって、スイスの選挙は「主権を獲得する」

国連に加盟してから20年後、スイスは193の加盟国から187票を獲得し、必要な3分の2をはるかに超えて受け取った後、2023-2024年の安全保障理事会に任命されます。 それは西ヨーロッパのブロックの2つの席のためにマルタと無敵に走りました。 モザンビーク、日本、エクアドルも選出されました。

このテーマに関する最新の記事:


■元連邦評議員兼外相であるジョセフ・ダイスの国連加盟に対する反応

「それは素晴らしいスコアです。 私にとって、3つの感情が支配的です。第一に、これは、私たちの多国間外交政策、私たちの国、そして世界におけるその存在のための歴史的な出来事です。 私たちは外交政策を実行する方法に大きな一歩を踏み出しました。 この選挙は、少なくとも1995年のOSCE選挙、そしてもちろん2002年の国連加盟国と同じくらい重要です。」

「私の第二の反応:私たちが主権を獲得することを可能にするような信頼の投票を受け取ることは私たちの国にとって大きな名誉です。 私たちは最高レベルで私たちの惑星の運命に参加します。」

「第三に、これはすべて、国連が発足以来直面した最悪の危機であるウクライナでの戦争時に起こっているため、大きな課題です。 結論として、私は個人的なレベルで安心しています。それは、私たちが立候補したときに発表したことの確認です。 私たちが言われたすべての恐怖は起こりませんでした。」


■国連事務総長アントニオ・グテーレスの反応

国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、スイスの安全保障理事会への選挙を歓迎します。 後者はそれを「世界の平和と安全へのコミットメントの新しい証拠」と見なしている。 アントニオ・グテーレスのスポークスマン、ステファン・ドゥジャリック氏は木曜日に、「スイスは、平和と多国間主義への原則的なアプローチのために、常に国際社会の標識となっている」と語った。


■レイモン・ロレタン、スイス大使、元ニューヨーク総領事の反応

「スイスの安全保障理事会への見事な選挙は、わずか20年の国連加盟後に我が国がどれほど評価されているかを示しています。 他の目標の中でも、スイスは安全保障理事会の改革に引き続き取り組む必要があります。 裏の動機のない中立国は確かにより信頼性の恩恵を受けるでしょう。」

「安全保障理事会の改革は、例えば、常任理事国の数と非常任理事国(例えばスイス)の任期に影響を与える可能性があります。 このプロセスは、スイスの任務期間である2年間で完了することはできませんが、この期間により、必要な推進力を提供し、議論を正しい方向に導くことができます。 違いを生むのは国の大きさではなく、提案の知性とそれを前進させるためのノウハウです。

「安全保障理事会の常任理事国の数を増やすべきではないか、そしてウクライナ危機でその限界を示した拒否権のモダリティを見直すべきではないかと疑問に思うかもしれません。 加えて、国連は地上にもっと存在しているに違いありません。 現在の戦争、特に紛争の初期における彼の寡黙は、問題のある、さらには理解できない、寡黙を示しています。


■SVPのマルコ・チーサ大統領(TI)の反応

「安全保障理事会は、特定の国に対する経済制裁または軍事介入を決定します。 参加するのはスイスの役割ですか? まったく違います。 私たちは対立する当事者間の仲介者として認識されており、その状態を維持したいと考えています。 安全保障理事会のメンバーとして、それは不可能です。」

「私たちは、異なる既得権益を持つ超大国の間で立ち往生するでしょう。 さらに、任務は2年しか続かないが、これは短すぎる。 スイスには、その仕組みに影響を与えたり改革したりする機会はありません。 あなたは反対を言うために夢想家でなければなりません。 この任務は、5人の常任理事国の拒否権によるトークニズムの演習でもあります。 これはスイスにとって何の利点にもなりません。 介入は2日以内に決定されるため、私たちは常にプレッシャーにさらされます。


■グリーンナショナルカウンシルのニコラスウォルダー(GE)の反応

「スイスの過半数が投票した場合、中立国であるため、国際社会が安全保障理事会の議席を獲得することに問題がないと考えるのは良いことです。 スイスは安全保障理事会に参加することは絶対に正しいです。中立であることは、UDCが言うように、私たちが責任を負い、立場をとるべきではないという意味ではありません。 中立であるということは、武力紛争に参加しないことを意味します。」

連合の実効的な重みについて、外交委員会のメンバーは、「米国と中国の違いを解決することは私たちには不可能だろう」と信じています。 しかし、他の同等の国々が行ったように、たとえばノルウェーは、小国のより現実的な見方をもたらすことができ、小国を保護する国際法の基本的な利益を代表することもできます。忘れないでください。 小国は多国間主義に対して功利主義的な態度をとっていません。 スイスには明確な役割があり、国際的なジュネーブで、そしてジュネーブ条約の守護者として信頼できます。 ほとんどの国は小さいです、スイスはそれらを代表することができます。」 残っているのは、連邦参事会のアプローチにおける「小さなフラット」です。国際法と人権の擁護は十分に提示されておらず、それはあまりにも暗黙的です。


■スイスは192票中187票で国連安全保障理事会に選出されました

投票権のある192か国のうち、2か国が棄権し、3か国がスイスに投票しませんでした。 この結果により、スイスは西ヨーロッパの国の記録を樹立しました。 このようなスコアは、主にドイツによって達成されました。 モザンビーク、日本、エクアドル、マルタも選出されます。


■■ 投票数は進行中です

いくつかの国の代表者が総会で演説します。 その間、出納係は票を数える仕事をします。 結果は次の数分で期待されます。


■イニャツィオ・カシスが総会室に到着し、投票が開始されました


■■ 「親愛なる大使、行く時間です」。

イニャツィオ・カシスは、水曜日の夜、ニューヨークの国連本部の前で、用心深く、自信を持って、陽気な気分でした。 彼はスイスのメディアとの屋外記者会見の後、別の婚約に出席する予定でした。 微笑んで、彼はスイスの国連大使パスカル・バエリスウィルを腕に抱き、英語で彼に行く時間だと言った。 「親愛なる大使、それは行く時間です」と彼は言いました。


■■ イニャツィオ・カシスよりも知事の方が安全

スイスのイニャツィオ・カシス大統領は水曜日の午後、ワシントンから電車でニューヨークに到着した。 護送船団なしで、都市交通の真っ只中に、国連でスイスの任務に参加する。 その後、彼はこのサイトでスタッフと話し合うために数時間を費やしました。

私服のボディーガードは、彼が出発する直前に12階建ての建物の外に配置されていましたが、イニャツィオカシスには配置されていませんでした。 「ああ、スイス大統領はここにいるの?」彼らの一人が尋ねた。 偶然にも、ニューヨーク州知事のキャシー・ホクルは、州都アルバニーのオフィスではなく、その日ニューヨークのオフィスで働いていました。 これらはスイスミッションの数階下に設置されています。


■■ イニャツィオ・カシス:「それは決して形式的なものではない」

ニューヨークで水曜日の夜(スイスでは木曜日の朝)にマスコミと話すと、イニャツィオ・カシスは用心深いが自信を持っていた。 「それは決して形式的なものではない」と連邦大統領は言った。 5カ国が理事会の5つの非常任議席の候補です。 スイスはマルタと並んで西ヨーロッパのブロックの2つの議席の唯一の候補です。 選出されるには、組織の193州のうち投票国の投票の少なくとも3分の2を取得する必要があります。

イニャツィオ・カシスによれば、必要な票数を超えている限り、結果は重要ではありません。 しかし、彼は誰も指名せずにスイスに投票しないかもしれない「アイデア」を持っていると言います。 ウクライナの危機とモスクワに対する制裁に関するスイスの立場が役割を果たす可能性があると彼は認めた。


■■ スイスを代表する25の追加ポジション

安全保障理事会でのスイスの立候補とその後の任務の可能性には、25の追加のポストが必要です。 これらの協力者の中で、12人がニューヨークの国連へのスイスのミッションに参加しました。 費用の大部分は連邦外務省(FDFA)が内部で負担しますが、追加費用は530万スイスフランと見積もられています。

全体として、予算は2020年から2025年の間にほぼ2500万スイスフランに達する予定であり、その3分の2はFDFAによって資金提供されます。 国防総省(DDPS)と州経済局(SECO)も、追加のリソースを利用する必要があります。


■1つ 赤い席から青い席

スイスは来年1月の木曜日の選挙で国連安全保障理事会の任期を開始します。 しかし、それは10月1日に暫定的な締め切りに入ります。 国連総会議長は、会議ですべての重要な文書をスイスに送る必要があります。 しかし、「特定の州が特定のファイルを保持していることを確認する必要がある」と国連当局者、安全保障理事会の専門家はATSに語った。 一方、スイスは来年1月まで部屋の赤いスポットを維持します。 そうして初めて、青い席で2年間開催されます。ここには、5人の常任理事国と10人の非常任理事国を含む15人のメンバーがいます。


■SVPの目には「スイスの中立性の死の鐘」

SVP議員は、スイスがベルンのブンデスプラッツで木曜日の朝に国連安全保障理事会に選挙を計画する数時間前にデモを行いました。 彼らは「スイスは間違いなく戦争党だ」と書かれた旗を掲げた。 党にとって、この決定は「スイスの中立性のための死の鐘を鳴らす」でしょう。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。