害虫であるマメコガネが間もなくフランスに持ち込まれる

農業の世界は非常に警戒している:新しい脅威がすぐにフランスの上に浮かぶ可能性が高い。 数百種の植物に対する脅威であるマメコガネが間もなくフランスに持ち込まれる可能性があると、国家安全衛生庁(Anses)は月曜日に警告した。

マメコガネ(Popillia japonica)は、2014年にイタリアで、2017年にスイスで目撃され、「フランスに到達する可能性が高い」とANSESは述べています。 大人「この害虫 […] 幼虫は根を食べますが、葉を優先的に食べます。」

防ぐことが不可能な到着

400以上の植物種が影響を受け、「食用作物:プラム、リンゴ、ツル、トウモロコシ、大豆、豆、アスパラガスなど、ノルウェーのカエデやポプラなどの森林種、またはバラや特定の種などの観賞植物が見つかりました。芝生と芝生で」。

ANSESの場合、このカブトムシがフランスに到着するのを防ぐことは不可能です。 「それは動きやすい昆虫であり、気温と降雨条件はそれに好都合であり、フランスの領土で見つかった多くの種類の植物を消費できるため、食料源を見つけるのに問題はありません」と科学コーディネーターのクリスティン・タイは説明しますANSEで。

提案されたいくつかの制御方法

マメコガネは、それぞれのサポートでくつろぎながら、飛ぶか「乗り物をひっかける」ことができます。 したがって、「昆虫が最初に検出されたらすぐに」、すでに存在する国との国境に沿って、そして侵入地点の近くに配置された「混合餌(性フェロモンと花誘引物質の組み合わせ)を備えたトラップ」を介して必要です。関係するセクターの専門家の間で意識を高めながら、領土(港、空港、道路)。 公式はオレゴンまたはカリフォルニアで機能しました。

検出された場合、当局は、状況に応じて、監視を強化し、「大量捕獲、合成農薬の使用、生物的防除」など、甲虫を制御するための複数の手段を実装する「感染地域の描写」を推奨します。 。 幼虫の生存や植物へのダメージを減らすために、「産卵中の灌漑や秋の耕作」を実践することも可能です。

とりわけ、「マメコガネが発見された後、できるだけ早くそのような措置を講じない限り、それが領土に定着した後は、長い時間がかかり、その広がりを防ぐことにほとんど成功しないだろう」とANSESは警告している。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です