小島秀夫は、ザ・ボーイズシリーズに似たプロジェクトを作りたかった

小島秀夫とXboxは昔ながらのラブストーリーです。 か否か。 しかし、その男は業界で避けられないので、Xbox&BethesdaGamesShowcaseでの彼の単なる登場が話題になりました。 ゲーム画像、タイトル、終了ウィンドウはありません。 しかし、小島秀夫が今日再び彼のことを話しているとしたら、それは彼の将来のクラウド向けゲームではなく、日の目を見ることのないプロジェクトのためのものになるでしょう。

象徴的な日本人デザイナーは本日、彼のプロジェクトの1つがキャンセルされたことについて話しました。 その男はこうして、彼が有名なアマゾンシリーズ「ザ・ボーイズ」の輪郭に似た輪郭の作品を開発したかったことを明らかにします。

若い人

の上 ツイッターだから児島は「コンセプトが似ていたので(セットやストリングが違う)、ずっと暖かくして保留にしていたプロジェクトを始めようとしたときに利用できたいくつかのエピソードを見ました。」。 次に、彼のコンセプトが 「舞台裏で伝説の英雄を引き受ける特別な探偵のチームとのHomiesの事(男性/女性)。」

児島は最近、長編映画の制作を始めたいと発表した。 男性はまた、彼の会社に映画やシリーズの制作を専門とする部門を設立しました。このプロジェクトはその一部である必要があります。 別の一連のツイートでは、小島秀夫は、このコンセプトはすでにキャストが想像されていた映画に関するものであると述べています。 そして、作成者の友人であるマッツミケルセンを主演させます。

今日、スーパーヒーローはエンターテインメント業界で大量生産され続けているため、このドラマは、ヒーローや悪役がなく、私たちが慣れているものとは異なり、特に暗い方向性とビジョンを持つ、過激なアクション映画になるはずです。 私が計画していたことは頭の中にとどまり、人件費、材料費、研究費、その他の費用は一切かかりませんでした。

小島秀夫は最近、クラウドゲーム技術を活用する革新的なゲームでXboxと協力して取り組んでいることを発表しました。 このタイトルには名前もリリース日もありませんが、日本人がこれまでにやってきたものとは異なり、リークが作品の輪郭を描いています。

コジマプロダクション

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。