屋外の天国を探している日本でディスクゴルフが始まります

ディスクゴルフは、あらゆる分野のプレーヤーを日本に引き付けます。 このフリスビースポーツは、パンデミックの最中にアクセス可能でありながら挑戦的なアウトドアアクティビティを探している人々に人気があります。

飾り気のないスポーツは、多くのコースやクラブの蒸し暑いルールベースの雰囲気なしに、素晴らしいアウトドアに出て、従来のゴルフの楽しい側面のいくつかを楽しみたい多くの日本人にとっての脱出になりました。

福岡ディスクゴルフ協会副会長の森翔三氏は、「健康で、友達ができ、一生続く楽しいスポーツだ」と語った。

このスポーツは一般の人々には比較的知られていませんが、Professional Disc Golf Associationは、人生のある時点で800万から1200万人のアメリカ人がプレーし、約50万人がレギュラープレーヤーであると推定しています。

3度の全国ディスクゴルフチャンピオンの高木理香が2022年6月5日に福岡の地元の公園でディスクを投げます。(エソンヌ情報)

従来のゴルフと比較して、ゲームのディスクバージョンはかなり簡単な学習曲線を持っています。 それはすべての年齢とスキルレベルの人々がプレイすることができ、安価な機器と多くの無料レッスンのおかげで入場料が安いです。

フリスビーゴルフまたはフロルフと呼ばれることもあるこのスポーツは、その名前の由来と本質的に同じ形式を共有しています。 プレーヤーは、さまざまなプラスチックディスクを障害物コースの周りに投げ、最終的にはポールの上部にチェーンが取り付けられたバスケットで構成されるターゲットに投げます。

コースは多くの場合、樹木が茂っていて、森の中を走っているコースもあります。つまり、プレーヤーは、上、下、通りの障害物を避けるために、さまざまな投擲テクニックを使用する必要があります。

ディスクゴルフはゴルフの利点の多くを共有していますが、ゴルフカートがオプションではない、よりリラックスした、肉体的に厳しい活動です。

PDGAは、約50の加盟国の全国的なディスクゴルフおよびディスクスポーツ協会と協力しており、コースはいたるところにあります。 米国、カナダ、北欧のスカンジナビアで非常に人気があります。

プレーヤーは、ドライバー、ミッドレンジ、パターなどのさまざまなドライブを使用して、さまざまな距離とさまざまな特性で飛行し、最小限のストロークでコースを完了しようとします。

6月上旬、西南日本の主要な観光都市のひとつである福岡の公園に9人のディスクゴルファーが集まりました。

男性のディスクゴルファーが2022年6月5日に福岡の公園でディスクをバスケットに入れます。 (エソンヌ情報)

参加者の一人であるサラリーマンの古賀誠史さん(43)は「投げるのは気持ちいい」と語った。

また、グループには、3度の全国チャンピオンであった46歳の看護師、高木理香がいました。

「悪い腕の振りはあなたのショットを台無しにする可能性があり、それがゲームをとても楽しいものにしている」と彼女は言った。

日本ディスクゴルフ協会は、国内で50以上のコースを認めており、ホールの長さは20〜100メートルです。

福岡ディスクゴルフ協会が主催・運営する隔月開催のイベントは、新しいエンターテインメントを求める家族連れに大人気。 それは彼らが外に出て運動し、社会的距離の制限にうまく適応することを可能にします。

米国とヨーロッパにはフルタイムのディスクゴルフプレーヤーがおり、数百万ドルの裏書取引をしているプレーヤーもいます。

そのような高さは地元の選手にとってはまだ現実的ではありませんが、森はより多くの人々、特に若い選手がこのスポーツに参加することを望んでいます。

「ディスクゴルフの未来を楽しみにしています。 若い選手を指導したい」と語った。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。