岸田内閣三人目の辞任

公開日:

日本では、内務大臣が金融スキャンダルの後に辞任します。 彼は政府の 3 番目のメンバーで、1 か月足らずで辞任し、岸田文夫首相の立場をさらに弱体化させました。

東京特派員とともに、 フレデリック・チャールズ

世界第 3 位の経済大国の政府から 1 か月足らずで 3 人が離任。 この一連の辞任に直面して、日本のメディアは、2021年から権力を握っている岸田文夫首相がいつまでそこにとどまることができるのか疑問に思っています. 彼は世論調査でクラッシュします。 その人気率はかろうじて30%に達しました。 そのしきい値を下回ると、彼の政治的日は数えられます。

手数料

寺田稔内務大臣は、彼の支援グループの 1 つが、故人からの政治献金を募る署名済みの報告書を提出したことを認めました。 他の申し立ては、議会下院の再選キャンペーン中の違法な支払いに関連しています.

日本人は岸田文夫首相が暗殺された安倍晋三首相の国葬を、事前の協議もなしに多額の費用をかけて準備したことを許しません。 日本で物議を醸す人物であり、超国家主義右派に近い。

月宗へのリンク

彼の暗殺後、マスコミは、保守党の多数派である月宗派(日本では統一教会として知られている)との数十年にわたる近親相姦関係を暴露した。 特に選挙期間中は、保守党議員の半数が所属していると主張している。 この宗教団体は信者を操作し、一部を破産させた疑いがある。

►こちらもご覧ください : 日本:月宗に対する政府の調査が開始される (2022 年 10 月 17 日)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です