巡視船、ファルコンズ、ラファール…フランスは、アジア太平洋地域に配備された軍事力を強化します

「ウクライナの危機が私たちをインド太平洋からそらす可能性があり、フランス共和国がインド太平洋のコミットメントを後退させる可能性があるかどうか疑問に思っているパートナーの間で懸念がありますが、そうではありません」とセバスチャン・ルコルヌは前に質問した6月11日土曜日、アジア太平洋地域のシャングリ・ラ対話における防衛と安全保障に関するフォーラムの公開。 したがって、ウクライナの危機にもかかわらず、フランスはアジア太平洋地域に駐留する軍事力を強化し、近代化すると、軍大臣は発表した。

来年、「フランスは、2025年までにインド太平洋に6隻の新しい深海巡視艇を恒久的に配備することにより、その能力を強化および近代化し続けます。そのうち1隻は太平洋に、1隻はニューカレドニアに、もう1隻はポリネシアに」監視と主権の任務」と彼はスピーチで言った。 現在の4隻の巡視艇が新しいモデルに置き換えられるため、フランスは2025年までに、容量のアップグレードに加えて、この地域にさらに2隻の巡視艇を配置する予定です。

フランスは防衛組織ADMM+に参加したいと考えています

「同様に、太平洋の5つのファルコン(偵察機)は、5つの新しいより近代的なモデルに置き換えられます」。 また、今年は太平洋での主権ミッション「ペガーゼ22」が計画されており、ラファールとA400 M軍用輸送機が組み合わされて配備されます。フランス軍は、「確立するためにいくつかを組織化するために、いくつかの多国間演習に引き続き参加します。同氏は、アジア太平洋地域の安定に対するフランスのコミットメントを実証するために、この地域で重要な存在感を示していると述べた。この地域におけるフランスの戦略は「いかなる国にも反対ではない」が、多国間防衛協定を支持している。

このように、フランスは、東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々と、中国や米国を含むこの地域の8つの主要国を結集する防衛組織ADMM+に参加したいと考えています。 フランスは昨年、オーストラリアがフランスの潜水艦を購入するための大規模な取引をキャンセルし、中国との緊張が高まる中、同国、米国、英国間の戦略的提携を発表したことにより、アジア太平洋地域で自らを主張する戦略を見た。 キャンベラとフランスの潜水艦ビルダーNavalGroupの間の重要な相殺協定の土曜日の発表は、オーストラリアとの協力の復活を可能にするはずです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。