希少性の時代には、ゲーム機販売の「ゲリラ」…

東京の電気店の外に最初の勇者が並んでいるので、PlayStationやXboxゲーム機を購入しようとしています。これは、特に不足によって大きな打撃を受けている日本で習慣になっているシーンです。

2月からプレイステーション5を探していた50歳の哲也は、日本の首都の「オタク」地区である秋葉原の店の外で、午前6時30分過ぎに数十人の列に並びました。

しかし、午前8時頃、制服を着た従業員が到着し、その日はPS5もXboxも受け取っていないことを発表しました。 群衆は素早く静かに分散します。 「残念ですが、機会があればまた運試しをします」と哲学者の哲也はAFPに語った。

任天堂のスイッチも影響を受けるソニーとマイクロソフトのマシンは、2020年11月にリリースされるとすぐにサプライチェーンの混乱に見舞われ、今年は中国の規制によってさらに強調され、生産と配送が困難になりました。

それ以来、日本の電気店は、警察の介入を必要とすることがあるコンソールを販売する混沌としたシーンの後、パンデミックの中での集会を避けるためにオンライン宝くじの販売を主に選択しました。

ランダムな到着によると、「スキャルピング」を防ぐために、購入してインターネット上で高額で再販するために、一部のブランドは警告なしにコンソールを販売することも選択しています。

成功の犠牲となったニンテンドーのDSコンソールが2000年代に供給問題に遭遇したときに出現したであろう、群島で「ゲリラ販売」と呼ばれるこの現象は、何百人もの人々を主に日本中で運試しに駆り立てています。店が開く前の週末。

-消費者間の連帯-

信頼できる情報が不足していたため、当初は自分のデバイスに任せていましたが、消費者は徐々に自分自身を整理し、そのうちの1人は、Webサイトの詳細を通じて現場で収集された情報を収集するというアイデアを思いつきました。

「去年の夏、私はプレイステーション5を3か月間購入しようとしましたが、店に行くたびに在庫がなくなりました」と匿名を希望するAFPWebサイトのマネージャーは言います。

「コンソールが販売されているかどうかを確認する唯一の方法は、すべての店舗に電話するか、Twitterで紹介文を確認することでした。

人工知能の分野でも研究しているこの40歳の日本人男性は、自分のサイトのフォーラムに投稿されたすべての情報を収集し、それを週ごとのカレンダーにまとめて、ユーザーがどこでいつ見つけるのに最適な機会があるかを推定できるようにします。それらはコンソールです。 。

彼のコミュニティサービスへの投資には時間がかかります。彼は、週末に1日7〜12時間、1日あたり最大500件のメッセージを並べ替えて確認していると言います。 また、各店舗の前に並ぶ場所の説明など、実用的な情報も掲載しています。

「週末の生活はありませんが、やめるとコンソールを買いたい人は困ります」とスカルパーに対して「ビデオゲームが大好き」な人を応援したいと語る。

-無視された日本市場-

生産と供給の問題はさておき、日本は主に欧米市場にサービスを提供するというソニーの戦略に苦しんでいる、と東洋証券アナリストの安田英樹氏はAFPに語った。 彼は、世界中で販売されている約2,000万台のPS5のうち日本にあるのはわずか5〜8%であると推定しています。

2013年にソニーの前作であるPS4が発売されたとき、「日本のスマートフォンゲーム市場は爆発的に拡大し、コンソール市場は停滞しました」と安田氏は説明する。 「ソニーはおそらく、特に日本の人口が減少するにつれて、2020年代にはほとんどなくなるだろうと思っていた」と語った。

その結果、PS5は憶測の対象になり、アナリストはスリップしました。 「プレイステーションを55,000円(390ユーロ)で購入すれば、簡単に80,000円または100,000円で転売できます。」

「その結果、+ゲリラセール+でコンソールを購入する多くの人は、すぐに正規価格で再販します」と彼は付け加えます。

再販業者にはまだ明るい未来があります。5月にソニーのゲーム責任者であるジム・ライアンが今年の生産を「大幅に増やす」と約束したにもかかわらず、安田氏はPS5に大幅な追加はないと考えています。 2023年後半までお届けします。

mac / etb

MICROSOFT

任天堂

ソニー

ツイッター

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。