広島では、紛争への核の脅威の復活が心配されています

77回目のお祝いe [1945年8月6日の広島への原爆投下から6年目の今年は、核兵器の復活への懸念と、日本の岸田文雄首相がこれらの兵器を終わらせるために働きたいという願望の中で開催されました。原爆犠牲者14万人を追悼するために建てられた慰霊碑の前で例年通り開催された式典には、8月6日土曜日、被爆者 (生存者)と98カ国の代表者。

ロシアとベラルーシは、ウクライナでの紛争のため招待されませんでした。 それにもかかわらず、ロシア大使のミハイル・ガルジンが8月4日に到着し、記念碑に花輪を捧げました。 彼が挨拶したとき 「核兵器削減に対するロシアの前向きな姿勢」、 彼は持っている 「後悔」 式典に招待されていない。

も読む 購読者専用の記事 ウラジーミル・プーチンは、ウクライナへの支持に応えて、核のボギーマンを振っている

彼の国は広島の松井一実市長から批判された。 後者は、伝統的な平和宣言における態度を非難している ” いくつか [qui] 核兵器を使用すると脅迫するようになった」、ウクライナへの2月24日の攻撃の直後にロシアのウラジーミル・プーチン大統領が行った声明に言及している。 国連のアントニオ・グテーレス事務総長も同席し、懸念を表明した。 「核の意味合いが強い危機」「急速な広がり、中東から朝鮮半島、ロシアのウクライナ侵攻まで」. グテーレス氏、人類のために 「装填されたピストルで遊ぶ」。

折り鶴

岸田氏に関しては、兵器削減のダイナミクスが制御されたことを後悔した。 その質問は個人的な理由から彼の心に近い. 実家は広島市出身で、広島市の代議員も務めている。 そして幼い頃、祖母から原爆の存在を知らされた。 したがって、核兵器をなくすための戦いは、彼の行動と切り離すことはできないようです。 2012 年から 2017 年まで国務長官を務めた彼は、2016 年 5 月に原爆の犠牲者を追悼するための最初の現職のアメリカ大統領で​​あるバラク・オバマの広島訪問のためにキャンペーンを行いました。

2021 年 10 月に首相に就任して以来、岸田文雄氏はその使命を継続してきました。 彼の側近の懐疑論と、不確実な結果を伴う問題について彼が立場を取るのではないかという恐れにもかかわらず、首相は6月1日に立ち去った.ああ 8 月、ニューヨークで開催された核拡散防止条約 (NPT) 再検討会議の開会式。 彼にとって、1968 年に調印されたこの協定は、すでに兵器の削減に貢献し、核兵器を保有する国と保有していない国の両方を結び付けるという二重の利点を持っています。

この記事の 47.41% をまだ読む必要があります。 以下は購読者限定です。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。