当局は、タートルネックのセーターの着用も推奨しています

Sudouest.fr から AFP で

9月に嘲笑された経済財務大臣ブルーノ・ルメールのコメントの後、東京都知事の声を通じて、この冬の装いを推奨するのは日出ずる国です。 多くの国と同様に、日本はエネルギー不足に直面しています

2022 年 9 月末、ブルーノ・ル・メール経済財務相はフランス・インテルに対し、この秋の内閣ではタートルネックのセーターを着るつもりであると語った。 エネルギーが制約されている時代における飲酒の問題。 彼の発言は野党から嘲笑された. しかし、数週間後、タートルネックのセーターを着ることを提唱したのは彼だけではなくなりました。東京都 (日本) の小池百合子知事もタートルネックのセーターを着ることを勧めました.


マクロン大統領、日出づる国のタートルネックの看板?

AFP

「エマニュエル・マクロンはこれらのセーターに忠実です」

目標は、寒さから逃れ、エネルギー価格の上昇に直面してお金を節約することです。 「首を温めることは保温効果があります。 私自身はタートルネックのセーターを着ていますが、マフラーを巻いても暖かく過ごせます。 節電になります」と小池百合子さんは11月18日(金)に語った。 「冬の厳しいエネルギー気候を一緒に乗り越える方法の1つです」と彼女は言いました. 彼は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がこれらのセーターの支持者であると付け加えた.

他の多くの国と同様に、日本はウクライナでの戦争が始まって以来、エネルギー不足に直面してきました。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です