彼に「威嚇するような表情」を与えた眼鏡のない囚人。

日本の刑務所は、受刑者が「眼鏡をかけてしまった」という理由で眼鏡の着用を禁止した威嚇するような表情弁護士会は、この決定を人権侵害と表現した。

札幌弁護士会によると、北海道の月形刑務所では、受刑者が刑期中に、銀色のこめかみがあり、下に額縁のない半縁の眼鏡を持ち込むことを禁止した。施設。

関連項目 – 国会議事堂の攻撃者の妻は、7 年の禁固刑を宣告された後、彼を弁護しています

刑務所はこれらのメガネの着用を禁止しました。男を威嚇するように見せた「誰が危険を冒した」威嚇する» 他の囚人と «けんかやいじめなどの手に負えない行動を引き起こすこの弁護士グループを追加しました。 AFPの取材に応じた刑務所関係者は、この決定を擁護した。 “私たちがこの状況に対処した方法は、違法でも不公平でもないと信じています学校内の方針により、身元を明かすことは避けた。

「ひどい頭痛」に悩まされている

6月に提出された弁護士の公式の抗議によると、この囚人は40代の男性で、その後釈放された。 彼の視力はとても悪く、彼は終わった」他の受刑者と衝突するそして彼もそれに苦しんだ強い頭痛“。

札幌弁護士会副会長の伊藤綾子氏は今週、AFPの取材に対し、弱視者用の眼鏡は「体の一部「。」たとえば、囚人は毎日読書をする権利がありますが、メガネを持っていないという事実は、読書を困難にし、最低限の文化を維持する権利を侵害しています。日本国憲法で保障されていると彼女は言った。

月形刑務所は、2020年に別の受刑者が自分のブルガリ眼鏡を使用するように要求したことを拒否した後、同じ弁護士会から命令を求められていました。派手すぎる“。


関連項目 – 脱税: スペインでシャキーラに 8 年以上の懲役

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。