彼の子供たちが日本で彼の妻に誘拐されたというニュースがなければ、ヴィンセント・フィコットはどうなるのでしょうか?

Vincent Fichotと最後に話したのは、ほぼ1年前のことです。 彼は11日間食べていませんでした。 この日本人を拠点とするフランス人は、3年前に日本人の母親に子供たちが誘拐されるのを見るために、東京の千駄ヶ谷駅の外でハンガーストライキを始めたところです。

息子のつばさ(6歳)と娘の楓(4歳)が3歳11ヶ月の時に妻に誘拐されたというニュースが何年もなかった。

2021年7月に私たちがビデオで彼と話したとき、家族の父親は確かでした。

「このプロモーションには片道チケットがあります。締め切りは子供を抱えて家に帰るときです。」彼は打ち明けた コンビニニュース

疲れ果てて、彼は3週間後に失神した後、ついに諦め、5回壊れた指で目を覚ました。 このイベントの間に、彼は16-17 kgを失い、世界中のメディアの注目を集めました。 Vincent Fichotの行動は11か月後に報われましたか?

「私はまだ私の子供たちに会っていません」、電話で連絡を受けた元ディーラーを私たちに打ち明けます。 40歳の彼は、東京郊外で妻と2人の子供と一緒に住んでいた家について話しています。

消える

彼の人生は2018年8月のある夜、家が空になっているのを見つけるために仕事から家に帰ったときに変わります。 「彼女はすべてを取りました」彼は覚えています。

「私は家具を購入しませんでした。子供部屋を誘拐されたときの状態に戻しただけです。 いつか家に持って帰れば、いつもそこにいることを彼らに示したかったのです。」彼はハンガーストライキの端で私たちに言った。

彼はほぼ1年前に仕事を辞め、ハンガーストライキを開始し、フルタイムで戦い、彼に会いました。 “小さな”。 今は借金で麻痺しているので、彼は小さな学生スタジオと引き換えにこの家を手放さなければなりません。

「正直なところ、それは私を悩ませません、それは小さな子供たちがいる状況です」私たちが彼の以前の生き方について話すとき、彼は私たちを邪魔します。

彼は、日本当局が彼に正当なものを与えることを拒否したにもかかわらず、日本を離れることを拒否した。 「私はまだ結婚していて、まだ親権を持っています」、彼はハンマーで叩きます。 彼はフランスの親戚から何千キロも離れて、このようにどれくらい待つのだろうか?

「私はビザに問題はありません。私は永住者です。 しばらくすると、それはお金についてです。」彼は決める。

「最後の1セントまで」

彼はそれに合計でほぼ30万ドル(約28万ユーロ)を費やしたと言われています 「私立探偵と弁護士」 楓と翼を追跡する試みで。 うぬぼれが強い。

「私はそれを持っていたので、私はすべてのお金を使いました。 小さな子供たちを犠牲にしてお金を節約しようとしていたなら、私は鏡で自分自身を見ることはできなかったでしょう。 車を買ったり休暇をとったりするためにアカウントに保管するよりも、燃やしたほうがよかったです。 私が戦いを始めたとき、それは私を最後のペニーと最後の息に連れて行った。 そして、私はそれを後悔していません。」

同時に、彼の妻はなんとか裁判所の判決を得ることができ、その結果、彼は彼女に月額7,000ユーロの維持費を支払わなければなりませんでした。 ばかげた状況。

ヴィンセント・フィコットは、日本で苦情を申し立てるために6回試みたと主張しています。 「誘拐と虐待のために」

彼は、妻が生後11か月の赤ちゃんを痴漢したことを証明するビデオを所有しています。 コンビニニュース 相談することができます。

「妻に疑いを持っていたので、家とガレージに防犯カメラを持っていました」彼は説明する。

ガレージに隠されたレンズを通して、彼の妻は真夏に数分間車のトランクに生後11ヶ月の楓を置き、その後トランクに赤ちゃんを連れて車を走らせているのが見られます。

「彼らは彼女を連れ去りたくなかったし、私は何度か逮捕されると脅された」彼は保証します。

フランスでは、彼はわずかに多くの結果を達成しました。 昨年11月、フランスの司法当局は、未成年者を誘拐し、危険にさらしたとして、妻に対して逮捕状を発行しました。

この裁判所の判決にもかかわらず、Vincent Fichotは、共和国の子供たちに対するフランス当局の態度を後悔しています。

「私の子供たちはフランス人です」

「私の子供たちはフランス人で、ろくでなしのように扱われます。彼らは完全なフランス人のように扱われず、それは私を苛立たせます。フランスの州は彼らがどこにいるのか、彼らがまだ生きているのかさえ言えません。彼は叱る。

ヴィンセント・フィコットは、2019年に日本列島での親の誘拐について国連人権理事会に日本に対して苦情を申し立てた4カ国からの10人の親のグループの1人でした。

彼の事件は確かに孤立した事件ではない。 この群島では、父親だけでなく母親、外国人、そして日本人も、元パートナーに誘拐された子供たちの犠牲者になる可能性があります。

「日本では子供がいなくなったら終わりです」ハンガーストライキ中に彼の事件で多くの両親に会ったヴィンセントフィコットは繰り返した。

「日本では、親が別居する際の子供の共同監護は法的要件ではないため、親の誘拐は一般的であり、地方自治体によって容認されています。」昨年11月にAFPに説明した。

Vincent Fichotはついに、昨年3月に日本の裁判官が監護権と離婚を決定するのを見た。

「私は共同親権が欲しい。子供たちに良いものが欲しい。彼らには日本人になる権利があり、母親を持つ権利がある。」彼は保証します。

彼はまた、彼の妻が南フランスの彼の実家での最近の休暇中に家庭内暴力と誘拐で彼を非難したと述べています。 「彼女は苦情を申し立てたことはなく、私は有罪判決を受けたことはありません」彼は落ち着いて覚えています。

「私は子供を決して捨てません」

彼の弁護士によると、3か月後、彼はまだ決定のニュース、異常な状況を持っていません。

司法は何をしていますか? つばさと楓の父によると、裁判所はこの事件の判決で先例を作ることを恐れている。 彼が最も恐れているのは、日本人が判断を拒否することです。 「それは何年もこのように続く可能性があります。」

このヒアリングのおかげで、VincentFichotはまだ裁判官を通して彼の小さな子供たちから聞くことができました。

「彼らは私に2つの情報を与えてくれました。彼らの身長と彼らが私についてどう思っているかです。 それは私が4年間で私の子供たちについて知ったすべてです。 私の息子は129cmで、私の小さな男の子は105cmです。 そして、私の息子はそう思っています。私はハワイに住んでいて、彼は私に戻ってきて彼と遊ぶことを望んでいます。 彼が3歳でさえなかったので、彼が私のことを好きだったのは非常に素晴らしいことです。 そして楓、彼女は私が死んだと思っている。」

日本に亡命しているフランス人の日常生活も、路上で彼らを探すことから成り立っています。 「路上で混血の子供たちを見たとき、彼らはそうなのだろうかと思いますが、正直なところ、私にはわかりませんでした。 楓は11ヶ月、つばさは3歳、今日は7歳…彼は大きく変わったに違いない。 しかし、私にはこの恐れがあります、はい。 そして、どこかにいる子供たちのために悲しみを持って生きるのは難しい」と語った。

それか ハッピーエンド 彼の状況ではまれです。 「」家族法の15年間で、私はこのような訴訟に勝ったことはありません。」しかし、彼は彼の弁護士、専門医を滑らせました。 彼自身は彼の前のパートナーによる彼の子供の誘拐の犠牲者でした。 「それが私が彼を選んだ理由です。彼は8年間彼の娘に会っていません。」VincentFichotは説明します。

「確率は非常に低いですが、信じられない場合は、事前に戦闘に負けてしまいます」彼は付け加えます。

日本の司法当局からのニュースやフランス政府からのナッジを待っている間、ヴィンセント・フィコットは戦います。 彼はちょうど設立しました NGOは私の親を見つける これにより、両親から離れた子供たちが彼らを見つけることができます。

「私がいなければ子供たちのほうがいいと言われたら、私は40歳です。大変ですが、悲しむでしょう。しかし、そうではないことはわかっています。子供たちをがっかりさせることは決してありません。」彼は閉じます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です