彼の家族は裁判官に日本に引っ越すように頼む

2018年の群島での失踪が解決されなかったフランス人観光客、ティファイン・ヴェロンの捜査を担当する捜査裁判官による訪日は「重要‘彼の家族は土曜日のポアティエでの集会中に要求した。

家族は、失踪した出身都市ポアティエの郡庁舎の外に約40人を集め、地方自治体のAFP特派員との調査を深めるために、最近の日本への旅行拒否を再考するよう裁判官に懇願した。

「」この拒絶は、ティファインが彼女の運命に見捨てられたかのように私たちに共鳴します。ティファイン・ベロンの母親であるアン・デサートは、検死官への公開書簡を読んで言った。 「」ティファインを永遠に謎にしてはいけません。 (…)私たちはティファインのために天と地を動かしましたが、あなたの力はありません。 残りの調査はあなたの肩にかかっています‘手紙は続く。

ティファインヴェロンは、有名な聖域のある丘や森に囲まれた北東日本の観光都市、日光で2018年7月29日に姿を消しました。 当時36歳のてんかん患者は、スーツケースとパスポートを残して、ホテルを出て散歩に出かけました。

ほぼ4年間、彼の親戚の現地調査は、ポアティエと日本での司法調査と同様に、何も判明しませんでした。

家族のAnneDésertによると、絶望「現在、持っている」より法的なレバレッジ»そして願い«とにかく「裁判官を説得する」彼の旅はティファインを見つけるために不可欠だと“。

検察官によっても支持されている民事当事者によるこの要求の拒否は、2021年12月8日にポアティエ控訴裁判所の調査室によって支持され、AFPの通信員であるポアティエの検察官CyrilLacombeは説明しました。 「」彼女が必要であると考えるならば、市民党を受け入れるのは今や捜査官次第です‘とラクーム氏は言った。

この場合、TiphaineVéronの家族は、犯罪仮説が「本当に探検したことはありません日本の研究者による。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。