心不全の治療を受けた日本の上皇

88歳の日本の上皇である明仁天皇は心不全を患っていますが、彼の状態は安定しており、現在彼の状態の治療を受けている、と宮内庁は火曜日に述べました.

この診断は、2019年に老齢と健康状態の悪化により息子の徳仁に代わって退位した明仁による先月の定期健康診断中に行われた.

宮内庁の広報担当者はAFPの取材に、その後、心臓の異常な増加と胸水が認められたと語った。

東京の病院でのさらなる検査により、彼は右心室性心不全に苦しんでいることが明らかになりました. 上皇は「現在、治療を受け、回復している」とスポークスマンは付け加えた。

2020年初頭、秋仁は病気に苦しみ、一時的に意識を失ったが、異常は発見されなかった.

彼は 2003 年に前立腺癌の手術を受け、2012 年に冠動脈バイパス手術を受け、長い在職期間 (1989 年から 2019 年) の終わりに向かって脳貧血にも苦しみました。

この天皇は、特に自然災害の被害者に対する共感で日本で高く評価されており、2016 年に退位の意向を表明したとき、国民に衝撃を与え、感動を与えました。

日本政府は、200年ぶりの日本で初めて、彼の生前に菊の王位を辞任する唯一の権限を彼に与える緊急法を可決することを余儀なくされました.

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。