拒否権と問題のある国連改革(意見)*

AA/Hmida Ben Romdhane**

国連は今日で 77 歳になります。 彼女は障害のある老婦人のように見え、地球を荒廃させている出来事に影響を与えることができずに時間の経過を見ています. しかし、このハンディキャップは年齢によるものではありません。なぜなら、国連はそれを持って生まれたからです。 その名前は拒否権です。 しかし、悪の起源を理解するには、77 年前にさかのぼる必要があります。なぜなら、すべてはこの国際機関が誕生した瞬間に起こったからです。

実際、このゲームは最初からゆがめられており、1945 年 4 月 25 日から 6 月 26 日までの 2 か月間、サンフランシスコが主催した激しい交渉は、悪意と不正行為への意欲によって特徴付けられました。 、米国が自国の領土内の会議の場所を悪用して、それぞれの首都との通信に出席している外交官を大規模にスパイしたように、電信会社によって収集され、ニュージーランドのニュージャーナリストが書いているように、暗号化された電報はによって解読されました24時間勤務の将校は、アメリカの交渉担当者に送られました。 それは完全な成功でした…」

ご覧のとおり、ゲームは最初から歪曲されていました。プレーヤーの 1 人は、プレイメイトが何を手にして何を考えているかを知っていましたが、誰も自分の手と心に何があるかを知りませんでした。

最後に、国連の創設に関する討論に出席した国々は、新しい世界権威の機能を規制するために求められた憲章の条項に同意し、1945 年 6 月 26 日にサンフランシスコでそれらを採択しました。 宣言された目標は、「人間の生涯に 2 度、言いようのない人間の苦しみを与えた戦争の惨劇から将来の世代を救うこと」でした。 「国際の平和と安全を維持し」、「大小の国家の平等を確保する。 »

しかし、国連が日の目を見るためには、加盟国は憲章の内容に露骨な矛盾を負わせざるを得ませんでした。 「大小の国家の平等」を確保し、主要5カ国に「拒否権」を与えることを目的とした憲章。

ジョージ・オーウェルの動物農場を彷彿とさせます。 英国の作家の有名な小説で、動物たちは採用した憲章に平等の原則を盛り込むことを決定しました。「すべての動物は平等ですが、他の動物よりも平等な動物がいます。」 ここに歴史への巧妙な暗示がないのではないかと疑問に思う人もいます: ゴージ・オーウェルの本は1945年の夏に出版されました, 国連憲章が可決されたのとほぼ同時に.そうでない場合、地球上に他のすべての国よりも「より平等」な国が 5 つありますか?

この拒否権の最も壊滅的な結果は、国連が創設された主な目的である「戦争の惨劇から将来の世代を救う」という目的を、何年にもわたって完全に果たすことができないことを証明してきたことです。

国連は創設から 77 年間、アフリカ、アジア、中東を引き裂いた何百もの戦争や紛争を傍観し、目撃してきました。 彼女は、武力紛争によって間引きされた数百万人の死を防ぐために何もできませんでした。 そして、難民高等弁務官が置かれていましたが、1945 年から現在に至るまで、膨大な数の避難民、難民、家を追われた人々に圧倒され続けています。

一例として、最も血なまぐさい紛争だけを挙げれば、1954 年から 1962 年にかけて、フランスの拒否権により、国連はアルジェリアでの戦争に受動的に参加しました。 1963 年から 1975 年にかけての東南アジアでの残酷な戦争は、アメリカの拒否権のために止めることができませんでした。 1979 年から 1989 年にかけてのアフガニスタンでの戦争の後、ソ連の拒否権のために無力に続いた。 言うまでもなく、アラブとイスラエルの紛争に関する何百もの決議が過去60年間に可決され、米国による組織的な拒否権のために死んだままになっています.

ベルリンの壁の崩壊と冷戦の終結により、ソ連の拒否権から解放された国際連合が最終的に疎外から抜け出し、遅ればせながら、定められた原則を実行に移すという短い希望がありました。その憲章で。 1990 年代から 2000 年代にかけて、中国が経済発展に専念し、ロシアがひざまずいていたとき、安全保障理事会は事実上 3 つの常任理事国と 3 つの拒否権 (米国と米国) で機能していたため、希望は急速に薄れました。彼女の2つの同盟国であるイギリスとフランス。

この間、地球上で唯一の超大国であると考えていた米国は、ユーゴスラビア解体後のバルカン諸国や中東で見られたように、国連を外交政策の手段にすることに成功しました。サダム・フセイン政権との暴力的な対決においてイースト・ガルフは、イラン・イスラム共和国との外交的対決は言うまでもありません。

しかし、国連改革と拒否権の問題は、国際機関の内外で常に議論の対象となってきました。 5 つの常任理事国と 10 人の非常任理事国によって支配される安全保障理事会が、国際社会の正確な全体像を示すことも、そのさまざまな構成要素を代表することもできないことは明らかです。 したがって、特に世界の州の数が1945年以来4倍になっているため、国連本体の大幅な拡大という考えは激しく擁護されています.

安全保障理事会の仮想的な拡大に関しては、インド、日本、ドイツ、南アフリカ、さらにはブラジルなど、常任理事国候補の名前が何年も前から出回っています。 しかし、そのような変化の実現は、2 つの障害によって妨げられています。 1 つ目は、5 人の常任理事国は、その支援なしには何も変わらず、何十年にもわたって享受してきたものと同じ特権を他の人に提供することを急いでいないということです。

2 番目の障害は、隣人から出回っている名前に異議を唱えることから生じます。 中国は日本とインドの立候補を聞きたくない、イタリアはドイツの立候補に懐疑的、メキシコとアルゼンチンはブラジルに反対、ナイジェリアは南アフリカの立候補に前向きではない…

歴史学の准教授で博士号を持つクロエ・モーレル氏は、「国連を妨げている要因の 1 つは、国連安全保障理事会の 5 つの常任理事国 (フランス、米国、英国、中国、ロシア) の拒否権です。 それはこの機関を麻痺させ、その有効性を弱体化させます。 それらを削除するか、少なくとも一時停止することが不可欠です。 これにより、国連はより民主的かつ効率的になることができます (…)。

さらに、拒否権は非民主的なメカニズムです。 193 の国連加盟国の過半数が下した決定にノーと言う法外な権限を 5 カ国が持っていることは正当化されません。 国連を民主化するためには、総会により多くの権限を与え、おそらく各国の人口に応じて投票システムを重み付けする必要があります. 実際、人口 13 億人の中国は、人口がわずか数千人のバヌアツのような非常に小さな国よりも多くの票を合法的に持つべきです。 」 (1)

これは、国際戦略関係研究所所長のパスカル・ボニファスの意見ではありません。 彼は次のように述べています。 彼がいなければ、国連は存在しなかったでしょう。

当初から、権力者が覆された可能性のあるシステムに参入することは不可能でした. 私たちは事実と原因を混同しています。 安保理が無力である理由は、拒否権ではなく、加盟国、特に常任理事国の分断にあります。 残念なことに、1990 年から 1991 年の湾岸戦争で祝われた新世界秩序への期待は崩壊しました。 » (2)

ご覧のとおり、拒否権とその受益者の数を改革することは、加盟国間、さらにはアナリスト間でさえも大きな違いがあるため、短期的および中期的に実行するのは非常に難しいようです. 国連になった世界的な官僚機構の根本的な改革は、世界の力のバランスを根本的に変えることなしには不可能です。 その場合、国連が改革されるかどうか、あるいは国際連盟の運命を知って、それが新しい世界的機関に道を譲るかどうかは、誰にもわかりません。

———————————–

1-https://ledrenche.ouest-france.fr/veto-conseil-de-securite-onu/?fbclid=IwAR0WzOHUBfqHQ0_dv5as7J0oD87gsDTfbxpLf_5RIbhAtdqNxKWQ75Nvj-w

2-同上。

*この記事で表明された意見は、著者の唯一の責任であり、必ずしもアナドルエージェンシーの編集方針を反映するものではありません.

**Hmida Ben Romdhane、ジャーナリスト、元編集者、La Presse de Tunisie 新聞の CEO。

アナドル局が内部放送システム (HAS) を介して加入者に放送するアナウンスの一部のみが、AA Web サイトでまとめて放送されます。 登録するには、お問い合わせください。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。