数独の父、鍜治真希は誰でしたか?

学友と仕事仲間

鍜治真希が2021年8月10日に69歳で胆管癌で亡くなったとき、世界中から哀悼の意が注がれました。 鍜治真希は ニコリ、日本初の「パズル」スタイルのゲーム雑誌であり、「数独の父」として最もよく知られています。 1984年に彼は「ナンバープレイス」という名前でアメリカの雑誌で見つけたパズルを日本に紹介しました。 彼はすぐにそれを日本語に改名した suじわ ドキュメンタリーしんにかぎる (「1つの数字と1つだけ」)、「数独」と略されます。 数独が英国、そして世界中で大ヒットしたのは21年後のことでした。

日本数独協会の良文村会長とその同僚の様子は次のとおりです。 ニコリ 1999年以来、50年間付き合った鍜治真希と言えば。

「彼は素晴らしい性格を持っていました。彼がどこへ行っても、誰もが彼を愛していました。 彼の問題は、彼が自発的に行動し、最終結果を気にしないことでした(笑)。 »»


日本数独協会会長の良文村氏がNippon.comのオフィスを訪問中(写真提供:Nippon.com)

1980年、梶が日本で最初のパズルゲーム専門誌を発行することを決定したとき、後藤は友人として彼にそうしないように忠告した。 しかし、私たちはこの雑誌でそれを認めなければなりません、 ニコリ彼が数独の成功が形になり始めていることを楽しみのために出版したこと。

問題を発明したのは読者です

さっき言ったように、鍜治真希は「数独」という名前の作者ですが、ゲーム自体の発明者ではありません。発明者はハワード・ガンズというアメリカのパズル愛好家です。 彼はそれを「ナンバースクエア」と呼んだが、ルールは同じである。

「ハワードさんのなぞなぞを解こうとしましたが、すぐに飽きてしまいました。 まず、彼のパズルは簡単すぎて退屈でした。 ハワード氏自身がダースのグリッドを作成し、それからあきらめました。 コンセプトを取り入れて世界的にヒットしたのは梶でした。 彼が思いついた素晴らしいアイデアは、読者に独自のグリッドを作成するように依頼することでした。 »»

彼はパズル雑誌を創刊しましたが、鍜治真希はこのスタイルのエンターテインメントのファンではありませんでした。 彼が11年間運営していた雑誌では、パズルを解くことはありませんでしたが、飲酒、麻雀、競馬など、興味のあるテーマについてエッセイを書きました。 それは彼の人生で唯一の喜びでした。

しかし、ことわざにあるように、子供たちは成長するために親なしでやっています。 父が楽しんでいるうちに、数独は自然に成長しました。

のプロパティ ニコリ 他のゲームやパズル雑誌にはなかったのは、それが読者にアピールしたということでした。 グリッドやその他のパズルのほとんどは、雑誌が購入して発行した読者の作品でした。

鋭い探究心と好奇心に恵まれた日本人は、あらゆる種類のパズルやなぞなぞに情熱を持っており、すぐに数独に夢中になりましたが、主な理由は、梶牧の雑誌のおかげで、見つけるのに最適なパズルを見つけるために競うことができたからです。 より才能のある人の何人かは雑誌の寄稿者になり、その結果、数独はより洗練されたものになりました。

ロンドンでの突然の成功

1999年に数独が日本で人気になったとき、後藤は参加しました ニコリ そして社長の梶に、会社をさらに発展させるために海外に行くことを提案する。

しかし、梶はそれほど野心的な実業家ではありませんでした。 「それはパン屋のようなものです。私が作ったものを売ったとき、私の一日は終わりました! 「しかし、彼は旅行が好きでした。海外で多くの経験を積んだ後藤と一緒に、彼らはニコリのグリッドとパズルを外国のメディアに配置しようとしました。

最初の結果は素晴らしいものではありませんでした。 2004年の終わりに突然数独がロンドンで大ヒットしたと聞いたとき。

少し調べてみると、このゲームのブームは、英国の新聞が発行した最初の数独グリッドから始まったことがわかりました。 タイムズ 2004年11月12日。しかし、サプライズには、このグリルを販売した人の名前が付いています。 タイムズ

ウェイン・グールドは、パズルやなぞなぞに情熱を注ぐニュージーランド人でした。 彼は日本の書店で数独を発見し、パズルを自動的に生成するコンピュータープログラムを開発しました。 グールドは後藤と梶にとって見知らぬ人ではありませんでした。後者は数独を開発した会社としてニコリに非常に敬意を表してアプローチしていたからです。

での彼の成功したプレゼンテーション タイムズ 数独の成功は一夜にして始まりました。

梶と後藤がロンドンに到着したとき、数独の人気は想像を絶するものでした。

「英国のほとんどすべての主要な全国紙は、数独パズルと儀式の質問「今朝のパズルを解きましたか?」を発行しました。 彼らがオフィスに到着したとき、従業員の間で挨拶する新しい方法になりました。 数独は、王室を除いて、英国人を興奮させた唯一の平和な主題であるとさえ聞いたことがあります! »»

2005年5月15日にガーディアン紙に掲載された数独グリッド(時事通信社)
で公開された数独グリッド 警備員 2005年5月15日(時事通信社)

栄光の逆転と利点

現象の程度を示した2004年後半の最初の訪問の後、後藤と梶は翌春ロンドンに戻った。 アイデアを念頭に置いて。

「数独の商標はすでに日本で登録されていますが、海外ではまだ登録されていません。 英国で提出すれば、ロイヤルティは報われる可能性があります。 »»

物事は計画通りに進みませんでした:数独は普通名詞と見なされるほど人気が​​ありました…

「私たちはあきらめなければなりませんでした。選択の余地はありませんでした。 それから多くの人が、私たちがたくさんのお金を失った一方で、私たちのブランドを偽造か​​ら守るために多くの手間を省いたと指摘しました。 私たちは法廷で人生を過ごしたでしょう。 Nikoliは従業員が20人未満の会社であり、効果的な管理に必要な人材が不足していました。 梶は、できるだけ多くの人にスドクを楽しんでいただければ幸いであると宣言し、後悔に終止符を打った。 おそらく少し自慢することで、私はそれを否定しません! »»

これは主に、成功が最初にロンドンで定着し、次に世界中に広がったためです:米国、インド、オーストラリア、南アフリカ、香港、ヨーロッパ、中東…

あらゆる国で熱狂的なレセプション

後藤と梶は、各国の数独大会に招待され、常に熱狂的に受け入れられました。

「彼が数独の発明者として紹介されるたびに、梶は「いや、いや、私は彼に彼の名前を付けただけだ!」と叫びました。 いずれにせよ、彼は多くの国を旅し、多くのインタビューを行ってきました。 スペインでは、彼は1メディアあたり20分の割合で1日中インタビューをつなぎ合わせました。 彼が通りを歩いていると、彼はサインと握手を求める人々に囲まれていました。 ある日、彼の妻が彼のおかげで彼の世話をするよりも数独に興味を持っていたので、彼はバーで男に冗談めかして直面しました! 最初、彼はこの狂気はほんの数年しか続かないだろう、そして彼が招待されている間、彼は世界を旅する機会をとるべきだと自分に言い聞かせた。 しかし、ブームは続き、マガジンラックも続きました ニコリ まだ米国、英国、トルコで販売しています…

全世界が彼を愛している

梶は数独の発明者であるとは決して主張せず、彼は彼の名付け親として自分自身を提示しました。 彼はアメリカの業界誌で普通のジグソーパズルを見つけ、それをユニークな名前で付け、彼自身の雑誌で取り上げました。それは率直に言って、当初は赤字でした。 以上です。 しかし、数独を非常に独創的で深みのあるゲームにしたのは、このゲームとその雑誌のパズルを愛する読者との出会いでした。

後藤は梶と一緒に世界を旅した思い出があります。

近年の鍜治真希(写真提供:後藤良文)
近年の鍜治真希(写真提供:後藤良文)

梶は、近づいてきたすべての人に喜びをもたらすこの独特の魅力を持っていました。 2011年3月11日の東日本大震災後、避難所の難民は数独を好むと聞いた。 そこで一緒に行きました。 そしていつものように、彼はすぐに長老たちと友達になりました。 彼は誰もが快適に感じさせ、誰もがアイドルのように彼を愛していました。 それが彼のオーラでした。

彼はペティネスを大切にせず、人生を最初に楽しむ方法を知っていたので、世界中で彼に会った誰もがすぐに彼を好きになりました。

(バナー写真:2012年9月29日、ブラジルのサンパウロで開催された第1回ブラジル全国数独大会での鍜治真樹。AFP/ Jiji Press)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。