新しい著作権侵害対策プラットフォーム

大企業は通常、オンラインで著作権を保護するために専門のコンサルタントや著作権侵害対策の専門家から恩恵を受けていますが、彼らが直面している問題の大部分は海外の海賊版サイトです。

この新しいポータルは 6 月に開設され、文化庁の支援を受けています。 後者は、最初に著作権法の基本に取り組み、次に経験の浅い人がサイトから直接削除メッセージを送信できるようにします。

6 月以降、このプラットフォームはすでに拡張されており、特に 8 月 30 日からオープンしている著作権侵害対策アドバイス センターが注目されています。 ポータルにアクセスした後、ローカルの権利所有者が利用可能なすべての情報を使用しても、まだサポートが必要な場合でも、最終的に誰に頼ればよいかがわかります。

紙の著作権がすべての作成者に保護を提供する場合、実際には、著作権所有者のリソースに著作権侵害に対抗する能力がしばしば結びついているためです。 誰もが紛争を解決したり、弁護士を雇ったりする時間や経済的手段を持っているわけではありません。

したがって、コンテンツを著作権侵害から保護したい権利者に無料の法的支援を提供することで、特にその侵害が海外で発生した場合に、このギャップを埋めることができます。

増大する脅威

近年、海外の著作権侵害は、日本国内の著作権者にとって大きな脅威となっています。 昨年 3 月、文化省は、ライセンシーをサポートするための新しい諮問機関の創設を含め、国境を越えた著作権侵害に対して考えられるさまざまな対応を詳述した報告書を発行しました。

相談窓口では、権利者から著作権侵害等についてのヒアリングを受け付けています。 相談受付はポータルページの相談受付フォームから‘ 読むことができます 公式発表.

回答はメールで行うのが一般的ですが、場合によっては弁護士との個人的な自由な会話がオンラインなどで行われることも想定されます。“、 私たちは続けます。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。