新しいASXで、三菱は再びB-SUVセグメントに投資しています

新しい血 三菱 ! スリー ダイヤモンド ブランドがヨーロッパ市場で新しいモデルを発売してから数年が経ちました。 の導入を除いて エクリプス クロスPHEVのデザインを一新。範囲内の最後の新しい車両です ピックアップ L200. の紹介はこんな感じです この新世代の ASX SUV メーカーとそのディストリビューターにとって転換点となります。 このモデルはまさに 2台の車両のうちの最初の車両 これにより、2023 年末までに範囲が強化されます。 こうしてヨーロッパでブランドを再始動します。

>> こちらもお読みください: 日本のブランドである三菱は、フランス市場で非常に真剣に再配置を行っています

に配置 シティSUVセグメント(B-SUV) – 競争は熾烈だがボリュームはたっぷり – 三菱ASX 第二世代がベース ルノー・日産・三菱アライアンスCMF-Bプラットフォーム. フロント グリルがブランド固有のダイナミック シールド デザインを備えている場合 感動的な堅牢性とダイナミズム »3 つのダイヤモンドのロゴがホイールキャップとハンドルにあり、三菱の姓がテールゲートに完全に書かれていること、これらの変更のいくつかを認識するのに自動車業界の優れた専門家である必要はありません。 改造されたルノー キャプチャー. 確かな市場価値。

サーマル、ハイブリッドまたはプラグイン ハイブリッド

フランスのカウンターパートと一緒に製造されています。 バリャドリッドのルノー工場したがって、スペインでは、日本モデルは一般的にフランス モデルのエクステリアおよびインテリア デザイン、スライド式リア シート、インフォテインメント システム、およびドライバー アシスタンス テクノロジーを含むモジュール性を継承しています。 エンジン面では、買収との相乗効果もある サーモブロック、ハイブリッドおよびプラグイン ハイブリッド すでに経験済み。 小さなコケトリですが、新しい ASX にはマイルド ハイブリッド ガソリン エンジンを搭載する権利があります。

「現在欧州市場で見られる主なトレンドであるSUVの成長と電動化は、今後も続くでしょう。 幅広い先進技術とインフォテインメント システムを提供する電動 SUV として、新しい ASX は欧州市場の期待に完全に応えます。 »請求 フランク・クロールミツビシ・モーターズ・ヨーロッパの社長兼CEO。

実際には、ASXはまもなく3気筒エンジンで利用可能になります 1.0 lMPI-T 4 気筒エンジンは 93 馬力を発生 1.3 lDIT マイルドハイブリッド 130馬力程度の強力な HEV(ハイブリッド)エンジン 1.6リッターのガソリンエンジンと2つの電気モーターの組み合わせ、そして最後にPHEVエンジン搭載 前モデルと同じ成分をベースにしていますが、より大容量のバッテリー (10.3 kWh) を搭載しており、100% 電気モードで約 40 km 走行できます。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。