新大統領は平壌へのトーンを鋭くしたい

韓国の新大統領である尹錫淑(ユン・ソクユル)は、変化の統一と代理人になりたいと考えています。 5月10日火曜日の就任式は、41,000人の出席者の前で国会で開催され、野党によるいくつかのデモにもかかわらず、新しい国家元首の就任が見られました。 「自由民主主義を受け入れ、繁栄する市場経済を促進する国を構築するための私たちの世代の呼びかけ」。 ユンさんも自分の国を見たかった 「国際社会の信頼できる一員としての責任を果たすこと」。

の概念に重点を置く ” フリーダム “ —彼が35回繰り返した言葉— 61歳の元司法長官は、事実上の議論よりも言葉による虐待が目立つキャンペーンの後、3月9日にわずかに選出された後に就任します。

また読む 購読者のために予約された記事 韓国では、スキャンダルと虐待を背景にした大統領選挙キャンペーン

移行から2か月後、彼のサポート率は51.4%になり、任期開始の上限レベルになります。 愛称で呼ばれる新大統領 「闘鶏」 したがって、彼の頑固さのために、収集しようとします。 構築したい 「本当に人民に属する国」、彼はすでに大統領職を現在のブルーハウスから現在の国防総省に移すことを決定しました。 彼にとって、ブルーハウスは具体化した 「帝国の力」 人から離れすぎています。

「非核化への道」

現在在職中、彼は移行チームによって定義された110の優先順位を実装しようとしています。 外交面では、文在寅が後援する北朝鮮との和解政策を破り、北朝鮮が核の脅威を振るうことを嘆き、それを推進する準備ができていると述べた。 「野心的な計画」 北部の経済発展 「非核化の道に真摯に取り組んでいます」

また読む 購読者のために予約された記事 韓国の文在寅大統領が平壌と綱渡りをしている

同時に、ユンさんはソウルを見たいと思っています 「国際問題に積極的に貢献する」 米国とは、もはや簡単ではありません 「下された決定の許容」 北京との衝突を避けながらワシントンを通過。 そうすることで、彼はアメリカのTHAADミサイル防衛システムを取得するというキャンペーンの約束を放棄しました。

新大統領はまた、日本との関係、関係のための彼の願望を表明した 「未来を見据えて」 そして、日本と韓国の同盟国間の良好な関係を望んでいるワシントンを喜ばせるために。 文在寅時代、歴史的問題、特に軍兵の売春を強要された女性の婉曲表現であるいわゆる「慰安婦」をめぐる論争により、2人の隣人の関係は悪化した。 第二次世界大戦における韓国の強制労働。

この記事の32.52%をまだ読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。