日イスラエル関係の強化; 2021年には、投資はほぼ3倍になりました

日本とイスラエルの経済関係は2021年に新たな高みに達し、日本企業は昨年の合計85件の取引から約29億米ドル(約90億NIS)をイスラエル企業に投資しました。コンサルティング会社Harel-HertzInvestmentHouseが日曜日に発表した調査。

2020年、日本企業は63件の投資取引に11億ドルを投資し、2019年の9億1400万ドルから増加しました。2015年にはわずか8700万ドルでした。

Harel-Hertzの創設者兼社長であるElhananHarelは、日本は現在、イスラエルのハイテク産業へのすべての外国投資の15.8%を占めており、2016年のわずか1.8%から増加し、総投資額(外国およびイスラエル)の12%を占めています。レポートの作成者。

最高のニュースをお見逃しなく無料登録をお見逃しなく!

しかし、絶対的には、日本のイスラエルへの投資は、アメリカ(およびイスラエル)の投資家に比べるとまだ小さい。 報告書によると、ベンチャーキャピタルと日本の企業ベンチャーキャピタルは依然として主要投資家の立場をとっておらず、資金調達ラウンドでイスラエルまたは世界のベンチャーキャピタルに参加することを望んでいる。

Harel-Hertzの報告によると、2000年以降のイスラエルへの日本の総投資額は約400回の事業で130億ドル(約400億NIS)です。

2021年12月29日、東京の入り口にある伝統的な新年の装飾が施された投資会社で、日本の日経225と上海のインデックスを示す電子掲示板を見る男性。 (クレジット:AP Photo / Eugene Hoshiko)

2015年以降、日本の投資家の関心は多様化しています。 今年の投資の大部分(61%)は通信およびIT企業に集中しており、ライフサイエンス、ハイテクフード、サイバーセキュリティ、自動車、フィンテック、クリーンテックへの投資が増えるにつれて、2021年には13%に低下しました。

2021年、9人の新しい日本の投資家がイスラエルの技術産業に初めて参入し、2つの新しいファンドと7つの企業が地元の日本の投資家コミュニティに加わりました。 報告書によると、全体として、日本の企業とブランドは、2015年の15から増加して2021年にイスラエルで97のオフィスを運営する予定です。

最も注目すべき比較的新参者は、昨年夏にラーナナにイノベーションラボを開設した日本の通信大手NTT(日本電信電話)と、2021年にイスラエル企業で最大の金額(合計20億ドル強)を調達した多国籍コングロマリットのソフトバンクです。 24件の取引を通じて投資してきました。 報告書によると、日本の商社三井はほとんどの取引に関与しており、41件の取引と約9億2900万NISの投資があった。 イスラエルでの三井の活動には、三井と2人のイスラエルのベンチャーキャピタリストとの対等なパートナーシップであるMagenta Venture Partnersと、同社の子会社であるMGI(Mitsui Global Investments)が含まれます。

昨年、ソフトバンクはイスラエルのクラウドファンディング会社OurCrowdの2500万米ドル(約7700万NIS)の株式を取得し、工場や産業を保護するソフトウェアのメーカーであるイスラエルのサイバーセキュリティ会社Clarotyに4億米ドル(約12億NIS)の投資を指示しました。サイバーセキュリティ攻撃に対する施設。

実例となる画像:ハッカー(クレジット:ゲッティイメージズ経由のiStock)

ソフトバンクのイスラエルでの事業は、5年以上の勤務を経て6月に国土安全保障省を辞任した元モサド首相のヨシ・コーヘンが主導している。

運用資産が3400億ドルを超える日本の多国籍企業は、Uber、DoorDash、Cruise、Slack、ByteDance(TikTokの前身)、イスラエルが共同設立したWeWorkなど、世界最大の企業に投資しています。 また、サイバーセキュリティ会社のCyber​​easonやソーシャルトレーディングプラットフォーム会社のeToroなど、他のイスラエル企業にも投資しています。

Harel Hertzのレポートによると、ソフトバンクとNTTはどちらも「日本の国際ビジネスのリーダー」であり、イスラエルでの事業はビジネスの世界に「前向きな変化」をもたらす可能性があるとのことです。

今年のデータによると、2020年に最も活発な投資家のトップ3は、多国籍の三菱商事、貿易および投資の巨人である住友商事、および金融サービスのコングロマリットであるSBIホールディングスでした。

ハレル氏は日曜日の声明で、2021年の投資の伸びは「これらすべてがズーム会議、レビュープロセス、ウェブ上での審査を通じて行われた「デジタル投資」であり、訪問や会議の能力がなく、「成熟度」を示していることを考えると印象的だ」と述べた。と日本のビジネスマンとそのイスラエルのカウンターパートとの関係の信頼性」。

投資が劇的に増加したにもかかわらず、日本の巨人によるイスラエル企業の買収数はまだ少ない。 2021年、オリンパス、化学会社旭化成、半導体メーカーのルネサスの3社が、イスラエルの医療機器企業であるMeditateとItamar Medical、チップメーカーのCelenoをそれぞれ3億ドル、5億3800万ドル、3億1500万ドルで買収しました。

イスラエルと日本は、大部分が秘密にされてきた何年にもわたる臆病な相互貿易関係の後、近年、彼らの関係が花開くのを見てきました。

2011年11月30日の日本とイスラエルの首相。(AmosBen-Gershom、GPO)

非常に保守的な日本人は、アラブの石油供給業者を怒らせることや文化の違いを恐れて、イスラエルに近づくことを躊躇していました。 しかし、2015年以降、ベンヤミン・ネタニヤフ前首相が2014年5月に来日し、日本の安倍晋三首相が2015年1月に訪日した後、投資取引の数とその価値は急上昇しました。

両国は、安全保障、IT、農業の分野で投資と協力協定に署名しました。

ハレル氏によると、近年の米中貿易戦争の激化は「現在かつ重要」であり、その結果、イスラエルのハイテク企業は「貿易の場として日本を支持している」とのことです。 [leur] 彼らがますますその経済的重要性を認識しているので、「アジアのビジネスセンターとして」そして「他のアジア諸国での事業のための先進的なセンター」として。

ShoshannaSolomonがこの記事に寄稿しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です