日仏とブルースの最初の親善試合についての5つの質問を特集

フランスのXVは、今週の土曜日の朝(8:00 am)に、夏のツアーの最初の試合で日本人に挑戦します。

ブルースの最初の親善試合はどこで見ることができますか?

XVのツアーかどうかを知るために多くの躊躇した後。 フランスが放送することになったのは、最終的に日本人とブルースの二重対立の権利を獲得したのはTF1でした。 FrançoisTrilloとBenjaminKayserがコメントした会議。 早めのキックオフ、午前8時に予定。 解説付きのライブも続く会議 ルフィガロスポーツ

タンガとジョルメス、2人の初心者が最深部に投げ込まれた

この夏のツアーでは、ファビアンガルティエと彼の協力者は、トップ14のファイナリスト(MontpelliérainsとCastrais)と、休む必要のある特定の幹部(Dupont、Ntamack、Jelonch、Alldritt)なしで作曲しなければなりませんでした。 今週の土曜日に2人の選手が国際デビューを果たします。UBBのセカンドラインであるトーマス・ジョルメスと、将来のスタッド・ロシェルのナンバー8のヨアン・タンガ(元レーシング92)です。

「トーマス・ジョルメスは調子がいい。彼はボルドーと良いシーズンを過ごした。 ガルティエは思い出した。 最初の2週間の仕事を考えると、彼は自分の行動、ゲーム、役割に非常に関連しているように思われます。 彼も快適だ」と語った。 そして皮ひもを追加するには: 「ヨアンは、イギリスの野蛮人とのイングランド戦の1週間前に大成功を収めました。彼は、14歳のときに8位で80分間、非常に高いレベルでプレーしました。彼はすでに何か特別な経験を積んでいます。」 、その道を続けるに値する。」

日本は本当にどこにありますか?

これはこのツアーの大きな未知数です。 前回のワールドカップが開催されて以来、日本は健康危機のために8試合しかプレーしていません。 同時に、フランスはプレーしました… 25! 「初年度 (2020年)、 私たちはプレイしませんでした、そして昨年私たちはほんの数ゲームしかプレイしませんでした。 そして、私たちは開発に遅れをとっています」最近、日本のコーチであるニュージーランド人のジェイミー・ジョセフが、コビッドのために幹部(堀江、斉藤、野口)を奪われていると説明した。

彼らがプレイした8つのゲームのうち、日本人は控えめなチーム、ポルトガル(38-25)と2つのウルグアイ(34-15と43-7)に対してわずか3勝しました。 秋には、世界ランキングで10位の桜がアイルランド人に殴打されました(60:5)。 彼らは回復することができますか?

歴史上たった4つの対立

フランスはその国で日本と対峙したことがありません。 2つのチームは4回会いました。 1973年にボルドーのParcLescure(現在のStade Chaban-Delmas)で、トリコロールが30-18で勝利し、Gilles Delaigue、Max Barrau、Olivier Saisset、Jean-Michel Aguirre、Jean-Claudeから6回のトライを獲得しました。スクレラとローランドベルトランがいました。

その結果、フランス人と日本人はワールドカップで2回会い、2003年の51-29と2011年の47-21の2回のフランスの勝利を収めました。2017年のこれまでの4回目の試合で、日本人はなんとか勝利を収めました。パリラデフェンセアリーナで不気味なブルースとの引き分け(23:23)を獲得します。 1年半在職していたガイ・ノヴェスの解任につながった歴史的な業績不振。

キャプテンオリボンの期待収益

復活するツアー。 シャルル・オリヴォンは複雑な年でした。 これは、2020/2021シーズンの最終日にカストルで十字靭帯が裂けたためです。 彼は3月12日、モンペリエ芝(18-16)でRCトゥーロンに敗れたときにのみフィールドに戻った。 フランカーは今シーズン11試合しかプレーしていません。 その結果、2010年以来初めて、彼はシックスネイションズトーナメント中にブルースが演じたグランドスラムに参加しませんでした。 彼の不在で、アントワーヌデュポンはフランスのXVの暫定的なリーダーシップを引き継ぎました。 恒久的な契約に変わる可能性のある暫定的なものですか?

2年前、オリヴォンは船長としての彼の役割に不可欠でした。 それが変わるかどうかはまだ分からない…傍観者の責任者であるカリム・ゲザルは、日本への飛行前にそれを非常に明確にした。 「私たちは、常に欲望と質に満ちているチャールズの復帰に非常に興奮しています。 彼は素晴らしい状態にあり、彼の任命については話し合われていません。なぜなら、非常に謙虚で非常に単純な人物であることに加えて、フィールドでの彼のパフォーマンスが彼を物語っているからです。

目に見える歴史的記録

今週の土曜日に日本と対戦することに成功した場合、ファビアンガルティエのフランスのXVは、9連勝に最初に署名することで歴史に残るでしょう。 ブルースは2021年7月17日にオーストラリア人との3回目で最後の親善試合で最後に敗れた(30:33)。 それ以来、ハブは負けていません。特に、オールブラックスに対する名誉あるヒットに署名し、トーナメントでグランドスラムを達成しています。

過去に、ブルースはこのような一連の8勝を3回続けて管理していました。 1998年、2002年、2004年の毎回ベルナールラポルテによって管理されていました。当時、ファビアンガルティエはフランスのXVのプレーヤーでした。 しかし、今週の土曜日、彼は間違いなくフランスのラグビーの伝説に足を踏み入れることができます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。