日仏の熱波に挑戦するブルースの組織

東京は暑かったですか? そして、西に300km離れたトヨタの気候はどうでしょうか。 今週の金曜日、ブルースは土曜日の日本との最初のテストのキックオフ時にキャプテントレーニングを完了しました(現地時間午後3時、フランス午前8時)。 たとえ水銀が少し下がったとしても、土曜日の選手の健康を恐れなければならないほどです(35°Cは土曜日の午後3時に発表されました)。

シャルル・オリヴォンは不平を言ったり謝罪したりする人ではありません。 彼は2019年のワールドカップの暑さを覚えていますが、彼は言います: 「それほど難しくはなかった」「私たちはただ訓練したばかりで、それは許容範囲であり、私たちはそれを期待していました。私たちは自信を持ってそれに近づいています」キャプテンは金曜日の記者会見で言った。

ブルースは、タッチラインに沿った10〜15ヤードのストリップを除いて、ピッチのほとんどがゲーム時に日陰にあることを発見して安心しました。 私たちは、ウイングが成功することを願っています。

「私はたくさんの水を飲みます、しかし私はすべてのトレーニングで5キロを失います! »»

稲垣啓太、日本コラム

これらの激しい暑さに先験的に慣れている日本人は、肉体に苦しんでいます。 「私は気候と戦うことができませんジョークコラム稲垣啓太。 私はたくさんの水を飲みます、しかし私はすべてのトレーニングで10ポンドを失います! 土曜日は暑くなりますが…フランスでも同じです。 幸いなことに、ウォーターブレーカーがあります (冷却休憩) ゲーム中。 »»

半分あたり3回の休憩

例外的に、審判軍団との協議の結果、プレーヤーが水分補給できるように、10分、20分、30分(持続時間1分、2分、1分)の前後に3回の休憩をとることが合意されました。

「これは歓迎すべきプロトコルですフランスのフィフティーンのマネージャー、ラファエル・イバネスに感謝します。 彼らは競争相手であり、気象条件について不満を言うプレイヤーは一人もいません。私たちは10日間ベストの準備をしています。 ゲートにはタオルとクーラーを備えた水分補給プロトコルがあります。 »»

「しかし、このツアーの最後に、1日の暑い時間帯にこれらのゲームのプログラミングを見てみましょう。彼は続けた。 プレイヤーの安全を考慮しなければなりません、それは基本です。 »»

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。