日本がスケートボードの金を獲得するために「ストリートカルチャー」の欠如をどのように克服したか

誰も予想していなかった金メダル

東京2021年夏季オリンピックは、多くの思い出に残るスポーツの瞬間のシーンでした。 しかし、オリンピックがおそらく多くの観客にスポーツを近づけたので、特にスケートボードは多くの関心を呼び起こしました。

ゲームが始まる前に、一部のオブザーバーは、日本がスケートボードでいくつかのメダルを獲得するかもしれないと示唆しましたが、オリンピックのステージが国がこの分野で最大の力の1つになる機会になるとは誰も考えていませんでした。 しかし、競技が始まって以来、日本のスケートボーダーの力強いパフォーマンスに支えられて、スケートボードの結果はスポーツプログラムで毎日示されてきました。

スケートボードには、階段やスロープなどの障害物のある公共空間を模した会場で行われる「ストリート」と、お椀(ドーム型コース)で行われる「パーク」の2つのイベントがあります。 。 路上では、西谷もみじと中山楓奈がそれぞれ女子金と銅を獲得し、堀米雄斗が男子金を獲得した。 公園では、スケーターの四十住さくらと平木ココナが金銀を獲得しました。


2021年7月26日、東京の有明アーバンスポーツパークで行われたロードファイナルの休憩中に、西谷もみじ(右)と中山楓奈がプレーした。 後に、彼女が「あらいぐまラスカル」について話していたことが明らかになりました。 あらいぐまラスカル 日本語で)、この1970年代のアニメ(Jjiji Press)への新たな関心につながりました。

試合後も、アスリートに大きなメディアの注目が集まり、スケートボード施設を訪れる人が増え、興奮が続きました。 しかし、このスケートボードの視認性の向上は、スポーツに対する世論が非常に否定的だったオリンピック前の状況とは対照的です。

ストリートスポーツ、日本で物議を醸している問題

日本では、街や公園でスケートボードをしている人を見るのは珍しいことではありません。必要なのはスケートボードだけです。 だから私たちはよく「ストリートスポーツ」について話します。

ただし、これは公共の場での活動であるため、周囲の人との摩擦もあるかもしれません。 実際、スケートボードは他の人にとって危険な場合があります。特に経験の浅いライダーがボードのコントロールを失い、ボードを空中に飛ばして損傷や怪我を引き起こす場合はなおさらです。 騒がしい活動だと批判する人もいます。 スケートボーダーは型破りなルックスでも知られており、反逆者としての評判を得ています。 これらすべての要因が一般大衆との対立につながり、スポーツに危険で不快な娯楽のイメージを与えました。

スケートボードのユニークなストリートカルチャーは、確立された規範から逸脱することが多く、実践者の間でトラブルメーカーのイメージにつながります。 しかし、公共の場の外で運動するのに十分な施設がないため、禁止されている場所でも公園や通りに乗り続け、より多くの問題を引き起こしています。

この環境はエリートアスリートのトレーニングには理想的ではありませんが、スケートボードがオリンピック競技になる前から彼らのサポートに情熱を注いできたその側近のおかげで、日本は成功しました。

若いアスリートの間の友情

堀米雄斗の場合、彼のコーチである早川大輔の本質的な存在に言及せずに、彼のオリンピックの成功について語ることはできませんでした。

現在47歳の早川は13歳で熱心なスケートボーダーになり、19歳でロサンゼルスでスケートボード文化を発見した後、プロとしてのキャリアを追求することを決意しました。 彼はあまり知られていないスポーツだったので、日本でスケートボードの代表を務めてきました。 彼は現在引退していますが、彼はまだ情熱的な男であり、 先輩 (シニア)東京オリンピックでチーム全体を指導しながら堀米に。

二人は10年前、堀川出身のスケートボーダーの友達の息子である堀米がまだ小学生だったときに出会った。 早川はその才能に感銘を受け、応援することを決意した。 大学生として、堀米は彼の家族とコーチが彼が競争することを可能にするために資金を調達することで、米国で競争することができました。 彼らは資金提供のためにいくつかのスケートボード連盟にアプローチしようとしましたが、彼らの努力は失敗しました。 とはいえ、早川さんが過去にネガティブな気持ちを持っていないのは驚きです。

決勝で一連の印象的なトリックを見せた後、22歳で金メダルを獲得した堀米雄斗(中央)。  2021年7月25日、東京・有明アーバンスポーツパークで撮影。(AFP /時事通信社)
決勝で一連の印象的なトリックを見せた後、22歳で金メダルを獲得した堀米雄斗(中央)。 2021年7月25日、東京・有明アーバンスポーツパークで撮影。(AFP /時事通信社)

スケートボードのもう一つの注目すべき特徴は、開業医の間に存在する非常に強い友情の精神です。 この兄弟愛は間違いなくアスリートの成長に大きく貢献しています。 ストリートイベントに参加した日本チームの白井空良は、練習中にアスリートがお互いにトリックを教えたり、ヒントを共有したりすることは珍しくないと言います。 競技中であっても、スケーターは自分たちが実行したばかりのトリックについて話し合うことを躊躇しませんでした。

他の多くのスポーツでは、アスリートはそのような質問に閉ざされたままであり、誰が表彰台に上がるかどうかを決定する可能性があります。 トップクラスのスケーター間のこの開放性は、間違いなく、スポーツに存在する一般的な友情に由来しています。 彼らの技術を共有することは、すべてのアスリートが向上することを可能にし、彼らが非常に多くのメダルを獲得することを可能にしたのはこの雰囲気です。

日本チームの成功に貢献した他の要因がありました。 特にスケーターの間では、多くの人がチームがまだ非常に若かったという事実に彼らの成功を帰しています。 金メダリストの四十住は19歳、中山は16歳、西谷は13歳、平木は12歳だった。 軽くて敏捷であることはこのスポーツの利点であるとよく言われます:彼らは確かに彼らの若い年齢が彼らに与える独特の敏捷性を示しました。

新しい世代は早い年齢でスケートボードを学び始めており、しばしばスケートボーダー自身であった両親によってスポーツに紹介されました。 これらすべての要素の組み合わせにより、日本が非常に多くのメダルを集めることができたことは間違いありません。

スケートボードのユニークな価値

オリンピック後の日本でのスケートボードのブームは、もちろんオリンピックチームの成功によるものですが、友情の精神など、このスポーツに固有の価値観の重要性を強調する必要もあります。

早川氏によると、スケートボーダーは誰が最高かを見つけてランク付けする練習をしていませんが、逆に、非常に複雑なトリックを実行するときに他の人を祝福するのはこのスポーツの文化です。

ウィメンズパークのイベントで人気の岡本碧宮は、3周目と最終ラップでトリッキーなトリックを試みて1位を獲得しました。 しかし、彼女は電車に乗り遅れて4位でフィニッシュしましたが、他の国のアスリートが彼女を肩に乗せて、パフォーマンス後の彼女の試みを祝福しました。 この愛情は日本のすべてのメディアに伝えられましたが、注目すべきは、他のスケーターが彼女を慰めたくなかったということですが、彼女がいなければ銅メダルを獲得できたかもしれませんが、彼女の危険な試みを祝福しました。 私は危険を冒しませんでした。

好きなのに4位に終わった岡本碧。 彼女の卓越したパフォーマンスは、ライバルに認められました。 写真は、2021年8月4日に東京の有明アーバンスポーツパークで撮影されました(時事通信社)。
好きなのに4位に終わった岡本碧。 彼女の卓越したパフォーマンスは、ライバルに認められました。 2021年8月4日、東京・有明アーバンスポーツパークで撮影。(時事通信社)

スケートボードは、どんな犠牲を払ってもライバルを打ち負かそうとするのではなく、できるだけ「クール」になろうとするアスリートを賞賛するスポーツです。 間違いなく、視聴者は勝ち負けの概念を超えたこれらの価値観に感銘を受け、それは確かにスケートボードブームに貢献しました。

しかし、スポーツにはまだ問題があります。 誰もがスケートボードに慣れているわけではなく、スケートボーダー間の対立もあり、一般市民と地方公務員は存在し続けています。

しかし、オリンピックによってスポーツの認知度と認知度が向上したことは間違いありません。 福島県喜多方市の塩川万歳公園、埼玉県さいたま市の可能性公園など、新しいスケートボード施設がオープンしました。 別の公園は2022年11月に堀米雄斗発祥の地である江東(東京)にオープンする予定であり、東京の代々木公園にもスケートボードの設置が計画されており、2024年3月に予定されています。 オリンピックでの日本の成功は、間違いなく新しいスケートボード施設の開発を開始しました。

うまくいけば、これはスポーツに対する一般の理解を高め、既存の施設を改善し、競争力のある環境の開発を加速するのに役立つでしょう。 これは、より良いアスリートの育成につながり、世界的なスポーツ大国としての日本の地位を確固たるものにするでしょう。 東京オリンピックは、日本でスケートボードを正しい方向に推し進める上で重要な役割を果たしました。

(バナー写真:堀米雄斗、2021年7月25日、東京有明アーバンスポーツパークで開催された東京オリンピックの男子ロード競技で金メダリスト。AFP/ Jiji Press)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。