日本がロシアと同盟を結んだとき:価値はあるが短期間の取引

日露外交のハイポイント


山縣有朋元帥(1838-1922)。 長州藩の武士家に生まれ、1868年の明治維新で著名な人物であり、日本史上初の首相の一人でした。 (国立国会図書館の写真提供)

1916年7月3日、ロシアのセルゲイ・サゾーノフ外相と本野一郎日本大使が、ペトログラード(現在のサンクトペテルブルク)で日露間の協定に調印した。 両国は、軍事的かつ政治的な同盟によって結ばれています。 この時、東京とモスクワの関係はピークに達した。 しかし翌年、ロシア革命はその条約を無効にし、歴史家が今日しか想像できない規模ですべての協力を全滅させました。 しかし、何が起こったのかを推測する代わりに、歴史的事実を見てみましょう。

早くも1915年の初めに、日本の新聞はモスクワとの同盟の必要性について言及しました。 第一次世界大戦の初期には、ロシアと日本はドイツと中央同盟国(ドイツ帝国、オーストリア゠ハンガリー帝国、オスマン帝国、ブルガリア王国)と戦いました。 手紙の中で、ロシアのニコライ・マレフスキー・マレビッチ駐日大使は、サゾーノフ外相に、同盟の必要性は戦争の開始以来日本のマスコミで広く報道されていたと述べ、このアイデアはすでに幅広い熱意を持っていたと付け加えた。一般市民。

議論の中心にあるのは、日露同盟の真の意味です。 日英同盟の場合と同様に、両国は第三国との紛争が発生した場合に相互に軍事援助を提供することになっていた。 しかし、ロシアとのそのような合意は本当に必要なのでしょうか?

同盟の鍵としての「帝国外交」

大隈重信(1838-1922)。 佐賀藩で生まれ、元首相で早稲田大学の創設者。  (国立国会図書館の写真提供)
大隈重信(1838-1922)。 佐賀藩で生まれ、元首相で早稲田大学の創設者。 (国立国会図書館の写真提供)

1915年2月、山縣有朋元首相が日本政府に覚書を提出した。 彼は連合国の勝利の可能性を疑っており、戦争は勝者も敗者もなしに、平等に終結すると信じています。 彼は、世界の勢力均衡が脅かされ、それがアジアの緊張を高めると確信しており、米国がアジアの最前線に立つと信じている。 日英同盟は不十分であると考え、同盟の一部ではない国々に軍事支援を提供し、中国の領土保全を保護することを含む日露同盟の形成を提案した。

1916年1月12日ミハイロヴィッチ大公の訪問に関する記事(読売新聞)
1916年1月12日のミハイロヴィッチ大公の訪問に関する記事(Zeitung 読売新聞)。

大隈重信首相は山形の提案を拒否し、大正天皇の支持を求めるしかなかった。 そして、少なくとも彼の意見では、それを行うための最速の方法は、ロシア帝国の家族の一員を東京に連れてくることです。 その後、1915年、当時ロシア陸軍本部のオブザーバーだった中島正武少将は、皇帝ニコライ2世の外科医であるセルゲイ・フョードロフとの会話の中で、さりげなく次のように述べました。印象と日本はロシアがドイツと戦うのを助けるためにその努力を強化するでしょう。 »»

本野一郎駐ロシア日本大使(1862-1918)。 ロシアで10年間過ごした後、彼は子爵の称号を受け取り、その後外務大臣に任命されました。  (写真提供:米国議会図書館)
本野一郎駐ロシア日本大使(1862-1918)。 ロシアで10年間過ごした後、彼は子爵の称号を受け取り、その後外務大臣に任命されました。 (写真提供:米国議会図書館)

この願いは皇帝ニコライ2世に伝えられ、皇帝ニコライ2世は、翌日、この任務をジョージミハイロヴィッチ大公にすぐに委ねました。 訪問の目的は、大正天皇が1915年11月に公式の即位式を終えたことを祝福することでした。 1916年1月に東京に到着すると、彼は駅で天皇から個人的に迎えられました。

秘密と儚い

個々の外交官による交渉が失敗した後、山形は石井菊次郎外相にロシアとの枠組み協定を締結するよう要請した。 彼は、東アジアの平和と安全を維持することは、2つの帝国間の協力によってのみ達成できると主張した。 石井と大熊は大陸の巨人との同盟に特に賛成ではないが、山形はなんとか彼の道を進んだ。

ロシアのセルゲイ・サゾーノフ外相(1860–1927)。  (プロジェクトグーテンベルクの写真提供)
ロシアのセルゲイ・サゾーノフ外相(1860–1927)。 (プロジェクトグーテンベルクの写真提供)

過去、多くの歴史家は、1916年の同盟条約を起草したのは本野大使であると信じていましたが、文書は明らかです。山形は、外交と地政学における彼の優れたスキルのおかげで主導的な役割を果たしました。 「帝国外交」は彼の戦略の重要な要素でした。 大公が皇帝ニコライ2世の使節として訪問し、大正天皇が控えめな挨拶をした後、公然と異議を唱える時間はありませんでした。 残りは手順の問題でした。

1916年2月18日、元野サゾーノフ大使は正式な交渉の開始を求めるメモを手渡した。 当時、ロシアは極東で弱い立場にあったため、ニコライ2世は日本との同盟の有用性を見ました。 この条約は、日露戦争(1904〜1905年)の終結からわずか10年後の二国間関係の新たな段階を示しています。 したがって、ロシアがこの地域での野心を放棄していると考えるのは誤りです。

1916年7月9日の東京朝日新聞に掲載された日露合意の公式文書。
新聞での日露合意の公式テキスト 東京朝日新聞1916年7月9日付け。

条約の公表された記事は、両当事者が互いに合意を締結したり、協定を結んだりしない義務を定めています。 彼らはまた、極東における相互に認められた領土権と特別利益の擁護における協力の機会を予見した。

また、後者は「両国の友好関係を深めるため」の秘密協定を締結した。 その中で、彼らはロシアや日本に対して敵対的な意図を持っているかもしれない第三者による政治的支配から中国を保護することを約束します。 講じられた措置が第三国との戦争をもたらす場合、相手国がそれを要求した場合、相手方はその同盟国の援助に来るべきである。 したがって、両当事者は、相互の同意なしに共通の敵と和平を結ぶことを許可されていませんでした。 最後に、彼らは紛争の規模に見合った支援を確保しました。

したがって、日本とロシアは、極秘にとどまる5年間の同盟に合意した。 ロシアの大臣の間でさえ、ボリス・スチュルマー首相だけが秘密を知っていた。

しかし、この同盟は短命でした。 ボルシェビキが1917年11月に権力を掌握したとき、彼らは日本とロシアを結ぶ同盟を終わらせ、ロシア帝国と他の大国の同盟国との間の秘密裏条約に関する多数の文書が発表されたとき、かなりの混乱と恥ずかしさを引き起こした。 日印同盟は短命でした。

(表紙写真:皇帝ニコライ2世 [au centre] そして1916年に彼らの5人の子供はコサックの分隊を伴った。 写真提供: ロマノフコレクション、ジェネラルコレクション、バイネッケレアブックアンドマニュスクリプトライブラリー、イェール大学)。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。