日本がロドリゲスにマンモグラフを提供

在モーリシャス日本大使館とロドリゲス地域議会は、10 月 19 日水曜日、ロドリゲスのクレーヴクールにあるクイーン エリザベス病院でマンモグラフの引き渡し式を開催しました。 これは、日本の政府開発援助プログラム「草の根・人間の安全保障無償資金協力」からの 77,546 ユーロまたは約 330 万ルピーの寄付によって可能になりました。

このジェスチャーにより、クイーン エリザベス病院は島全体で無料の乳がん検診を提供できます。 Rodrigues Regional Assembly によると、このタイプの癌は、Rodrigues の女性人口の間で最も一般的です。 このプログラムにより、女性はモーリシャスに渡航しなくても早期スクリーニングの恩恵を受けることができます。 このイニシアチブでは、この技術を使用するための病院スタッフのトレーニングも行います。 このプロジェクトは、がんの壊滅的な影響を効果的に治療および予防するために不可欠な早期発見に焦点を当てます。

式典は、川口修一郎駐モーリシャス日本国大使、ジョンソン・ルセティ首席委員、クリスチャン・レオポルド・ロドリゲス地方議会議長、ニコラス・ヴォルベール保健委員の出席のもとに行われました。 川口大使は、ロドリゲスの住民に「悪性疾患の場合は病院で検査を受けてください」と要請した。

保健委員のニコラス・ヴォルベール氏は、「私たちは非常に興奮しており、女性たちにとても満足しています。今では事前に検査を行うことができ、何か問題がある場合は非常に早い段階で知ることができます. 以前は女性を検査のためにモーリシャスに送らなければならず、到着しても手遅れになることもありました。 しかし今、私たちはロドリゲス、女性、そして病院に利益をもたらすこの装置を手に入れました。」

健康: 日本はロドリゲスにマンモグラフを提供します

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です