日本が中国に取って代わる

リストはどんどん増えていきます。 中国は、スポーツカレンダーから新しい主要な国際イベントである東アジアサッカーカップを削除しました。 健康危機と特定の中国の都市でのCOVID-19パンデミックの発生が問題になっています。 コンテストは再び日本に授与されました。 2022年7月19日から27日まで開催されます。 示されているのは、男性の場合は中国、日本、韓国、香港、女性の場合は中国、日本、韓国、台湾です。 当初資格を持っていた北朝鮮は、健康上の理由から、すでに撤退を発表していた。 そのため、中国はその地で計画されているすべての国際スポーツイベントを徐々にキャンセルしています。 週ごとに少しずつやっていますが、7月に東アジアサッカーカップを開催しないという決定の発表は、同じ期間に予定されている他のイベントにとって最悪の事態を予感させます。 ダイヤモンドリーグオブワールドアスレティックスの2つのステージが、今年の夏に中国で開催されます。7月30日は上海で、8月6日は深センで開催されます。 6月26日から7月7日まで四川省成都で開催される予定のFISU世界ユニバーシアード大会も脅威が高まっているようです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。