日本が初めてNATO首脳会議に参加

ヨーロッパにおける安全保障上の懸念は、長い間アジアに広がってきました。 日本の岸田文夫首相が、6月28日から30日までマドリッドで開催されたNATO首脳会議に、日本の指導者として初めて出席したという事実が、これを最もよく表している。 ロシアとウクライナの戦争が2月24日から激化しているため、政治軍事同盟のサミットは重要な時期に行われます。

中国の地政学的野心はアジア全体で懸念されている

日本はNATOのメンバーではなく、その1947年の憲法は平和主義者ですが、この歴史的な米国の同盟国であり、G7グループのメンバーは、モスクワに対する国際制裁に参加しており、ウクライナに非攻撃的な装備さえ提供しています. 「日本の歴史的な平和主義にもかかわらず、西側諸国がロシアだけでなく、中国や北朝鮮の独裁者に対しても可能な限り広範な民主戦線を拡大しようとしていることは明らかだ」 東京を拠点とするヨーロッパの外交官に打ち明けます。 今年初めに選出された保守派のユン・ソクヨル韓国新大統領も、ソウルで初めてマドリッド首脳会談に出席する予定だ。

「ヨーロッパでは、ロシアの脅威が血みどろの戦争を引き起こしている。この戦争は長期にわたって続く可能性が高い。 彼は付け加えます アジアはこの脅威を認識し、中国の軍事拡張主義と北朝鮮のミサイル発射を懸念して見守っています。 » 日本のNATO首脳会議への招待は、同盟がアジア太平洋地域にまで拡大していることを示す強力な兆候です。 「G7でアジア唯一の国として、日本の外交力が試される」 岸田文夫氏は、ミュンヘン(G7サミット)とマドリッド(NATOサミット)に向けて出発する前に報道陣に語り、力による一方的な現状変更の試みは容認されるべきではないことを想起した. 「世界のどこにもない」.

「ウクライナは明日の東アジアになるかもしれない」

NATOサミットへの彼の参加は、 「日本の総理大臣としては初めて」 彼は、この機会を利用して、ロシアの同盟国である中国の地政学的な野望が東京の心に特に近いヨーロッパとアジアの安全保障上の懸念の間のつながりを強調するつもりであると述べた. 第二次世界大戦の終結以来、モスクワと東京の間で平和条約が調印されておらず、日本の北にある千島列島では両国の間で領土紛争が続いています。

2021 年 11 月の当選以来、外交レベルで非常に活躍している岸田文雄氏は、5 月末に東京で、アジア太平洋地域における中国の影響力の拡大を確立するためにバランスを取ること。 「ウクライナは明日の東アジアになるかもしれない」 岸田氏はまた、6月初旬にシンガポールで開催された地域安全保障会議でこれを繰り返した。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。