日本たばこ産業は、日本のメディアでCSR活動を積極的に発信しています

これは、Tobacco Control 誌に掲載された研究の結果です。[1]、日本たばこ産業(JT)は、いわゆる企業の社会的責任(CSR)活動に引き続き関与しており、「持続可能な開発目標(SDG)への貢献」について、日本だけでなく国際的にも広告を通じて広く発信しています。 以前の研究では、たばこ産業の CSR 活動に関連するコミュニケーションが認識をゆがめ、たばこ産業の利益を助長する形でメディアの編集内容に影響を与え、喫煙との闘いに有害であることが示されています。

WHO FCTC の第 13 条は、たばこの広告、販売促進、後援を全面的に禁止することを求めています。 第 5.3 条および第 13 条の適用に関するガイドラインによると、たばこ産業の企業の社会的責任 (CSR) 活動は広告の一種であるため、禁止されなければなりません。

日本のメディアでの持続的な存在感

日本たばこ産業は、2022 年に日本のメディアで積極的にコミュニケーションを取り、SDG 指向のイニシアチブを通じて前向きな世間の認識を維持しました。 2022 年 5 月に福島民報に掲載された記事によると、JT 福島事務所は、日本の SDGs の達成に積極的に貢献しています。 同記事には、「喫煙所の普及促進」「たばこの吸い殻を集めて街を愛そう」「復興支援」などの既存の活動に加え、「福島県のCSR活動を推進する」としている。東日本 [qui a subi des dommages structurels importants et graves en raison du tremblement de terre et du tsunami] “。

2022年5月10日、高知産テレビは、大規模な都市公園(中央公園)に屋外喫煙所を寄贈し、高知市長がJTに感謝状を贈呈したと報じました。 JTIのディレクターは、この喫煙エリアは、喫煙者と非喫煙者が社会で調和して暮らすことを可能にするだろうと述べた. レポートでは、日本たばこ産業の地域責任者の後ろに市のロゴと JT の横に SDG のロゴが配置されていることがわかります。

市のたばこ産業への協力は、公衆衛生政策をたばこ産業の影響から保護しなければならないと述べている WHO FCTC の第 5.3 条に基づく日本の義務に直接違反している。

喫煙とたばこ産業の社会的受容を強化する

これらの介入において、特別な部屋の確立による喫煙者と非喫煙者の共存に関する製造業者の声明は、著者によると、喫煙の社会的受容性を高めることによって公共の場所での喫煙を正常化する方法であるように思われる.

また、日本ではSDGsの話題が学校のカリキュラムに組み込まれ、生徒たちにますます親しまれています。 たばこ産業と SDGs およびその CSR 活動とのメディアの肯定的な関連付けは、たばこ産業全体の活動の危険性についての偏った認識につながる可能性があり、この業界の肯定的なビジョンを維持する一方で、社会で正常化するのに役立ちます。

この調査の著者は、責任あるビジネスに関する JT の声明と SDGs 全体との間には、根本的かつ和解しがたい矛盾があることを思い出しています。 これらは、特に健康に関する SDG 3.4 の特定の目的を強調しています。 「すべての国で WHO たばこ規制枠組条約(FCTC)の実施を強化することで、NCDs による若年死亡率を 3 分の 1 削減する」。

したがって、著者らは日本に対し、FCTC のすべての条項をより包括的に適用するよう求めます。特に、いわゆる社会的責任を負う企業のコミュニケーションの形態を含め、すべてのたばこ製品とその産業の広告、販売促進、後援の禁止に関してです。 .

CSR、たばこ業界のトロイの木馬

そのウェブサイトでは、環境を保護し、脆弱な人々を支援することが、日本たばこ産業の CSR コミュニケーションの主要な主張となっています。 これらの CSR への貢献は、特にタバコの広告、販売促進、後援の他のすべての形態が禁止されている場合に、製造業者が利用する方法です。 あらゆる批判に対抗するために、たばこ産業は最も脆弱な人々を対象としており、自然災害時やここではフードバンクやフレンズ・オブ・ザ・エルダーリー財団などの慈善団体とともに慈善活動を行っています。 たばこ会社が CSR 活動に費やすお金は、マーケティング費用の一部であり、慈善活動と見なされるべきではありません。 この業界自体が、作成していない場合でも、しばしば悪化させてきた問題を考えると、危機に瀕している金額はばかげています。 たばこ製品とその産業による環境破壊はその一例です。

したがって、これらのコミュニケーション操作により、製造業者は自社の製品とその活動の有害な結果をあらゆる方法で隠すことができると同時に、自社のイメージを改善し、公共の意思決定に有利な方法で圧力をかけることができます.

キーワード: 日本、日本たばこ産業、SDGs、CSR、広告、ロビー、FCTC、メディア

©タバコフリージェネレーション

EA


[1] 平野 T 日本たばこ企業の社会的責任活動は、持続可能な開発目標を前進させると誤解を招く主張をしているたばこ規制 最初のオンライン公開: 2022 年 9 月 27 日。 doi:10.1136/tc-2022-057630

全国禁煙委員会 |

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です