日本でのサルの連続攻撃: サルの 1 匹が捕獲され殺される

西日本で約50人を攻撃して負傷させた野良のマカクザルと戦っている地方自治体は水曜日、トラブルメーカーのサルの1匹を捕まえて殺した.

雄は約4歳、体長約50センチで、山口市の中学校の校庭を徘徊していたところを、麻酔銃を持った特殊なガンマンに捕らえられた。 地元の農務省の当局者がAFPに語ったところによると、彼は攻撃の加害者として特定された後、殺害された.

彼の死は問題の終わりを保証するものではなく、まだいくつかの攻撃的なサルが歩き回っています. これまでに合計 49 件の攻撃が登録されています。

「目撃者は、さまざまなサイズのサルについて説明しています。 この捕獲後も、新たな攻撃が報告されました」と関係者は説明しました。

7 月の初めから、これらの攻撃、主にひっかき傷と軽い噛み傷が日本のマスコミの見出しになりました。

ニホンザルは日本で非常によく見られ、家屋に侵入したり作物を破壊したりして問題を引き起こすことがあります。 しかし、この種の攻撃的な行動はまれです。

山口県の住民は地元メディアに対し、サルに襲われた場合に備えて傘とハサミなしで外出することはなくなったと語った.

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。