日本での成功にもかかわらず、オールブラックスは世界ランキングでブルースを2倍にしました

フランスのXVは、月曜日にワールドラグビーが発表した世界ランキングで順位を失いました。 土曜日の日本戦で大成功を収めたにもかかわらず、ファビアンガルティエのブルースは、南アフリカとニュージーランドに次ぐ世界第3位に落ちました。

フランスのXVは、土曜日に愛知で日本(42:23)に大勝しましたが、世界で2位を維持するには十分ではありませんでした。 ブルースは、シックスネイションズトーナメントの終わりに獲得したポジションを失い、オールブラックスを支持しました。

フランスが日本の選択を支配していたとき、ニュージーランド人はオークランドでアイルランドを破り(42-19)、月曜日にワールドラグビーがまとめたランキングによると2位を取り戻しました。 プレトリアでウェールズ(32-29)に驚かされた2019年の世界チャンピオンの南アフリカは、90.61ポイントで世界トップの国であり続けています。 新しいセカンドとして、ニュージーランドはフランスをわずかに上回っています(89.72ポイント対89.24ポイント)。

10年連続の成功を求めてブルース

土曜日のこの親善試合の初日は、ニュージーランドとスプリングボックスの勝利に加えて、オーストラリアがパースでイングランド(30-28)を破り、アルゼンチンがサンサルバドールデジュジュイでスコットランド(26-18)を破ったため、南半球のチームに恩恵をもたらしました。

7月9日と16日、ヨーロッパ諸国は南部諸国に追いつくためにさらに2回のラウンドを行います。 ブルースは、土曜日に東京で開催されるサマーツアーの最終戦で、ブレイブブロッサムに対して10連勝を達成するチャンスがあります。

ワールドカップを夢見るアルジェリアにとって大きな進歩

最後に、アルジェリアはこのランキングで最も進歩を見せています。土曜日のラグビーアフリカカップの準決勝での予選後、90位から82位まで8位に上り、優勝者は2023年にフランスで開催される世界カップに出場します。 。

2人のライオンのセレクションは、水曜日にケニアのマルセイユと対戦し、日曜日の決勝戦に出場します。 ケニアの「シンバス」は、アルジェリアとの準決勝に先立ち、世界ランキングで2位上昇して33位になりました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。