日本での親の誘拐事件でフランスの司法当局が発行した逮捕状

日本人の妻と離婚手続きをしているヴィンセント・フィコットは、6歳と4歳の2人の子供について3年以上のニュースがありませんでした。

フランスの正義は、2018年に東京で2人の子供が母親に誘拐された日本に住むフランス人のVincent Fichotの日本人妻に逮捕状を発行した、とAFPは11月30日火曜日に知りました。 この国際的に広まった逮捕状は、未成年者を誘拐し危険にさらすために発行されたと、VincentFichotとファイルに近い情報筋は説明しました。

これらの訴訟は、これら2つの犯罪について2019年にパリでVincent Fichotが提起した刑事告訴の一部であり、2020年末に司法調査が開始されました。 現在6歳と4歳の息子と娘を取り戻そうとしているこの元金融事務員は、東京オリンピックの頃に3週間のハンガーストライキを行って、昨年の夏に彼の事件を知らせました。 彼の行動は、彼が日本にいたのと同じ状況で多くの親、外国人、そして日本人、母親としての父親の声を解き放ちました。 日本では、親が別居した場合の子供の共同監護は法的要件ではないため、親の誘拐は一般的であり、地方自治体によって容認されています。

日本の裁判官はどのようにして国際的に欲しがっている母親に監護権を与えることができますか?

ヴィンセント・フィコット

オリンピック開幕に向けて東京にいたフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、期待通りにヴィンセント・フィコットを訪問せず、日本政府に訴えた。 彼は妻が日本で逮捕されることを期待していませんが、この逮捕状が日本の裁判官の決定に重きを置くことを望んでいます。彼らは離婚を申請します。 「日本の裁判官はどうやって国際的に欲しがっている母親に監護権を与えることができるのか?」 ヴィンセント・フィコットは自問した。 それはそのようになります 「かなりねじれた」彼は、3年以上聞いていなかった2人の子供たちの共同親権の原則をまだ適用したいと思ったことを思い出して言った。

「離婚手続きは進行中です。 私たちは法廷の外で戦うつもりはありません。、ヴィンセント・フィコットの妻の弁護士である初子初子は、クライアントの逮捕状について具体的にコメントすることを拒否して、AFPに語った。 日本のフランス大使館は、特定の事件についてコメントしたくありませんでした。 Vincent Fichotは、日本列島での親の誘拐について2019年に国連人権理事会に日本に対して苦情を申し立てた、4か国からの10人の親のグループの1人でした。

関連項目- 別居した夫婦:共同親権を基本原則にするために、父親はマルセイユからパリまで走ります

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です